メタバース

メタバースの土地を購入する方法・買い方を解説【価格も紹介】[初心者向け]

メタバースゲームの土地を購入する方法を教えて欲しいな……

いくらぐらい必要かも知りたい!

今回は、こんなお悩みにお答えしていきます。

メタバースが注目される中、メタバースの土地購入(不動産投資)も活発に行われています。

この記事では、メタバースの土地を購入する方法や、土地の特徴や使い方など幅広く解説します。

購入方法が分かるだけでなく、メタバースの土地に関する理解が深まるので、興味がある方は最後までご覧ください。

メタバースの土地を購入することで、土地を貸して稼ぐことや、土地を転売して稼ぐことが可能です。

なお、メタバースの土地を購入するためには、イーサリアムなどの仮想通貨(暗号資産)が必要になります。

コインチェック』や『ビットフライヤー』で口座開設して、あらかじめ仮想通貨(暗号資産)を購入しておきましょう。

手数料をおさえてイーサリアムできる『ビットフライヤー』がおすすめです。

メタバースの土地(LAND)とは?

メタバースの土地(LAND)とは?

メタバースの土地とは、インターネット上の仮想空間にある区画や空間のことです。

「そもそもメタバースって何?どんなことができるの?」と疑問をお持ちの方は、以下の記事を先にご覧ください。

>>【体験する?】メタバースのやり方・始め方[プラットフォームも紹介]

メタバースの土地を買うことで、インターネット上の仮想空間にある区画や空間を所有できます

例えば、メタバース『The Sandbox(サンドボックス)』の土地を、マーケットプレイス『Coincheck NFT(Beta)』で購入し、自分のものにできます。

将来的な値上がり、土地を活用した収益化を目的として、メタバースの土地を購入する企業や個人はたくさんいます

2022年4月30日に販売開始されたOtherside(アザーサイド)というメタバースの土地は、約24時間で400億円を超える売り上げを達成しました。

土地の価格は、人気のあるメタバースの場合は最低でも数十万円です。

The Sandboxの土地価格

上の画像の場合、土地の価格は1.8ETH(イーサリアム)前後なので、2022年9月14日の価格で考えると、40万円ほどで買うことができます。

決して安い金額ではありませんが、メタバースの市場拡大を期待している企業や個人が土地を購入しており、注目されている市場です。

メタバースの将来的な市場規模も非常に期待されています。

例えばマッキンゼー・アンド・カンパニーは、今後の市場規模が5兆ドルになる可能性があると予想しています。

今のうちから土地を購入したり、仮想通貨の関連銘柄を購入しておくことで、大きな利益を得られる可能性を秘めています。

「メタバースの将来に期待しているけど土地は高くて買えない」という人は、500円などの少額から始められる仮想通貨への投資という選択もあります

メタバース投資のやり方・種類を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

>>メタバース投資の種類とやり方・始め方を分かりやすく解説【仮想通貨・土地・ゲーム】

メタバースの土地の特徴

メタバースの土地の特徴

メタバースの土地には、次のような特徴があります。

①メタバースの土地はNFT化されている

メタバースって仮想空間なのに、どうして土地を取引できるの?

仮想空間であるメタバースの土地を取引できる理由は、メタバースの土地がNFT化されているからです。

NFTの技術によって、仮想空間上の土地というデジタルなデータを「唯一無二のものである」と証明することができます

「世界にひとつだけ」という証明がつくことで、現実の不動産のように取引ができるようになりました。

②メタバースの土地価格は変動する

メタバースや土地にもよりますが、人気のあるメタバースの場合は数十万円かかります

ただし、メタバースの土地価格は次の2つの要因で大きく変動します。

  • メタバースの土地自体の需要と供給
  • 仮想通貨自体の相場

仮想通貨の相場だけでも値動きが激しいですが、そこにメタバースの土地自体の需要と供給が絡むので、価格変動はさらに激しくなります。

少し前までは30万円で買えた土地が、気づけば50万円になっているということもあれば、20万円になるということもあります。

メタバース不動産投資(NFTの土地購入)には、価格変動が激しい以外にも様々な注意点があります

これからメタバースの土地を購入してみたいという方は、注意点も理解しておきましょう。

>>メタバース不動産投資(土地購入)をやる際の注意点を解説【リスクを減らす】

③メタバースの土地を活用して稼げる

メタバースの土地を購入すると、土地を活用して稼ぐことができます。

具体的には、次のような活用方法があります。

  1. 土地を他のユーザーに貸す
  2. 土地で他のユーザーを遊ばせる
  3. 土地を他のユーザーに転売する

①土地を他のユーザーに貸す

現実の不動産のように、メタバースの土地を他のユーザーに貸して賃料を得ることができます。

不動産投資と同じイメージですね。

現実の不動産と比べると、補修の手間などがないのはメリットです。

②土地で他のユーザーを遊ばせる

メタバースの土地を所有することで、その土地でしか遊べないゲームや空間を提供できます

そして、あなたが所有している土地で遊ぶのを有料にできます。

人気のでる面白いゲームや空間を提供できれば、継続的な収入を得ることが可能です。

③土地を他のユーザーに転売する

メタバースの土地を買った値段より高く売ることで利益を得ることも可能です。

30万円で買った土地を50万円で売るなど、大きく稼げる可能性もあります。

現実の不動産と比べて、取引が簡単にできるのもメリットです。

メタバースの土地を購入する方法・買い方

メタバースの土地を購入する方法・買い方

それでは、メタバースの土地を購入する方法を紹介します。

購入する方法は、主に次のパターンがあります。

  1. 『Coincheck NFT(Beta)』で購入する ←【簡単】
  2. 『OpenSea』などの海外マーケットプレイスで購入する

①『Coincheck NFT(Beta)』で購入する方法は簡単なので、仮想通貨の取引に慣れていない方におすすめです。

国内の仮想通貨取引所である『コインチェック』を使って、メタバースの土地をすぐに買うことが可能です。

『Coincheck NFT(Beta)』で購入する方法[簡単]

『Coincheck NFT(Beta)』でメタバースを購入する流れは次のとおりです。

①コインチェックで口座を開設

まずは、『コインチェック』で口座を開設しましょう。

無料で簡単に口座開設できます。

コインチェックで口座開設がうまくできるか不安な方は、下の記事を参考にしてください。

>>【簡単!】コインチェックで口座開設する3つの手順【初心者向け】

②コインチェックでイーサリアムを購入

口座開設ができたら、イーサリアムを購入しましょう。

なぜなら、イーサリアムで購入できる土地が多いからです。

※ビットコインなどで購入できる土地もありますが、イーサリアムに比べると数は少ないです。

コインチェックでは、手数料が高い「販売所」でしかイーサリアムを購入できません

無駄な手数料を払いたくない方は、「取引所」でビットコインを買い、ビットコインで買える土地を探しましょう

③『Coincheck NFT(Beta)』にアクセス

次は、『Coincheck NFT』にアクセスしましょう。

コインチェックにログインしたら、左側にある「Coincheck NFT」を選びます。

『Coincheck NFT(Beta)』にアクセス

④メタバースの土地を選んで購入

「Coincheck NFT」にアクセスできたら、タイトル欄から、土地が欲しいメタバースを選びましょう。

※「Coincheck NFT」では、メタバース以外のNFTも売られています。

Coincheck NFTでメタバースの土地を探す

メタバースを選んだら、土地の一覧が表示されます。

初期設定のままだと売り切れている土地も表示されます。

検索欄の右の場所をクリックした後、出品ステータス「出品中」を選択して「適用」をクリックすれば、購入できる土地だけを表示できます。

Coincheck NFTで出品中の土地を探す

購入可能な土地を表示できたら、欲しい土地をクリックします。

欲しい土地を見つけたら選ぶ

土地の詳細画面に移動したら、「購入確認」をクリックして購入できます。

※「購入確認」の上に、日本円換算の金額が表示されます。

メタバースの土地を購入する

『OpenSea』などの海外マーケットプレイスで購入する方法

『OpenSea』などの海外マーケットプレイスでメタバースの土地を購入する方法は、 下記のとおりです。

①国内取引所で口座を作成

まずは有名な『コインチェック』や『ビットフライヤー』で口座開設しましょう。

手数料をおさえてイーサリアムを購入できる『ビットフライヤー』がおすすめです。

また、送金手数料も抑えたい方は、『GMOコイン』も選択肢の1つです。

>>【公式】GMOコインで口座開設する【無料】

うまくできるか不安な方は、下の記事で詳しく解説しているので、参考にしてください。

↓ビットフライヤーの口座開設の方法はこちら

>>【完全無料】bitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設する手順【初心者向け】

↓GMOコインの口座開設の方法はこちら

>>GMOコインで口座開設する方法を解説[最短10分]

②国内取引所でイーサリアムを購入

口座を開設できたら、イーサリアム(ETH)を購入しましょう。

購入する際は、手数料の高い「販売所」ではなく「取引所」を利用しましょう。

うまく購入できるか不安な方は、下の記事を参考にしてください。

↓ビットフライヤーはこちら

>>【初心者向け】イーサリアムをビットフライヤーの取引所で買う方法を解説

↓GMOコインはこちら

>>GMOコインの入金から購入までのやり方を解説【簡単】

「販売所」と「取引所」の違いを詳しく知りたい方は、下の記事をご覧ください。

>>「販売所」と「取引所」の違い【暗号資産(仮想通貨)を買う前に知っておくべき】

③仮想通貨ウォレットを作成

イーサリアムの購入もできたら、仮想通貨ウォレットを作成しましょう。

『メタマスク』という仮想通貨ウォレットが人気も高くおすすめです。

インストール方法や入金方法を下の記事で解説しているので、参考にしてください。

>>【初心者向け】メタマスクの始め方・入金方法を徹底解説!【画像つき】

④仮想通貨ウォレットにイーサリアムを送金

『メタマスク』の作成もできたら、購入したイーサリアムを『メタマスク』に送金しましょう。

『メタマスク』のアドレス宛に、イーサリアムを送金します。

ビットフライヤー』から『メタマスク』に送金する方法は、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

>>【簡単】bitFlyerからMetaMaskに送金する方法[ビットフライヤーからメタマスク]

⑤海外マーケットプレイスにアクセスして土地を購入

『メタマスク』にイーサリアムを送金できたら、マーケットプレイスにアクセスして土地を購入できます。

>>OpenSeaにアクセスする

アクセスできたら、右上にあるマーク(人のマークの右)をクリックして、『メタマスク』の接続を行います。

Openseaでメタバースの土地を探す

『メタマスク』の接続ができたら、あとは欲しいメタバースの土地を探して購入できます。

メタバースの土地の価格

メタバースの土地の価格についてもお伝えします。

2022年9月14日に人気マーケットプレイス『OpenSea』で直近30日間の平均購入価格を確認したところ、次のとおりでした。

メタバースの種類平均購入価格(※1)日本円換算(※2)
The Sandbox(サンドボックス)1.6719ETH約37.9万円
Otherside(アザーサイド)4.0989ETH約93.0万円
Voxels(ボクセルズ)0.5971ETH約13.5万円
NFT Worlds(エヌエフティ ワールド)0.7572ETH約17.1万円
Everdome(エバードーム)0.3026ETH約6.8万円

※1ETH(イーサリアム)=227,000円で計算しています

また、2022年9月14日の最低購入価格は、時価総額の高い『The Sandbox(サンドボックス)』は約21.5万円、『Decentraland(ディセントラランド)』は約34万円、という結果でした。

その他のメタバースの最低購入価格や、土地が高値で売却された事例についても知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

>>【2022年版】メタバースの土地の価格・値段を解説![最低購入価格も紹介]

メタバースの土地購入・売却をする際は、相場価格を調べてから投資するほうが安全です。

>>【メタバース投資に役立つ】土地の購入・売却をする際に相場価格を調べる方法

メタバースの土地の価格推移などを確認できるLandindexというサービスもあります。

>>メタバースの土地購入に役立つLandindexを紹介【投資に活用するやり方】

土地を購入できるメタバースのおすすめ

土地を購入できるメタバースのおすすめ

土地を購入できるメタバースのおすすめも紹介しておきます。

順番に解説します。

The Sandbox(サンドボックス)

ソフトバンクグループが出資するなど、注目されているメタバースの1つが、『The Sandbox(サンドボックス)』です。

仮想通貨の時価総額も高く、人気のあるメタバースなので、今後の成長も期待できます。

『The Sandbox(サンドボックス)』の特徴は次のとおりです。

  • 『マインクラフト』に似ている
  • アイテムやゲームを作ることができる
  • 土地を貸したりアイテムを販売して稼ぐことができる
The Sandbox(サンドボックス)の土地(LAND)の価格は?【買い方も紹介】「The Sandbox(サンドボックス)の土地(LAND)の買い方がわからない!」そんな初心者の方に向けて、簡単に購入する方法を解説しています。あわせて、価格や土地を買ってできることも紹介しています。...

『The Sandbox(サンドボックス)』で実際に遊んでみたい方は、下の記事をご覧ください。

>>The Sandbox(サンドボックス)の始め方[遊び方も解説]

『The Sandbox(サンドボックス)』でお金を稼ぐ方法を知りたいという方に向けて、収益化方法を解説した記事もあります。

>>The Sandboxでお金を稼ぐ方法|収益化方法・稼ぎ方を5つ紹介[サンドボックス]

また、「The Sandbox(サンドボックス)の土地は高い」と感じる方は、仮想通貨「SAND」に少額から投資して、ステーキングで増やすこともできます。

>>【簡単にできる】仮想通貨「SAND」のステーキング方法を解説

Decentraland(ディセントラランド)

『Decentraland(ディセントラランド)』も時価総額が高く期待されているメタバースです。

メタバース上を探索したり、アイテムを売買したり、世界中の人々と交流して遊ぶことができます。

「メタバース・ファッション・ウィーク(Metaverse Fashion Week)」というイベントでは、ドルチェ&ガッバーナ、トミー ヒルフィガーなどの有名ブランドが参加しました。

ディセントラランドの土地の買い方・購入方法を解説[Decentraland]「ディセントラランド(Decentraland)の土地の買い方がわからない!」そんな初心者の方に向けて、簡単に購入する方法を解説しています。あわせて、価格や土地を使った稼ぎ方も紹介しています。...

『Decentraland(ディセントラランド)』で遊んでみたい、イベントに参加してみたいという方は、下の記事をご覧ください。

>>Decentraland(ディセントラランド)の始め方・遊び方を解説

SOMNIUM SPACEU(ソムニウムスペース)

『SOMNIUM SPACE』も、仮想空間の中で他のユーザーとの交流を楽しんだりできるメタバースです。

VRデバイスにも対応しており、没入感の高い体験ができます

『SOMNIUM SPACE』には次のような特徴があります。

  1. VRデバイスに対応しており、没入感の高い体験ができる
  2. Sonyなどの有名企業がパートナー企業として参画
  3. 土地だけでなく車も所有できる

『SOMNIUM SPACE』で遊んでみたい方は、下の記事もご覧ください。

SOMNIUM SPACEとは?始め方・遊び方を解説![CUBEの買い方も紹介] 『SOMNIUM SPACE』っていうメタバースのことを詳しく知りたいな…… 今回は、そんなお悩みにお答えしていきます。 ...

BLOKTOPIA(ブロックトピア)

『BLOKTOPIA(ブロックトピア)』は、21階建ての高層ビルを舞台にしたメタバースです。

グラフィックが美しいのが魅力的です。

仮想通貨取引所の『バイナンス(Binance)』や『クーコイン(KuCoin)』などもBLOKTOPIA(ブロックトピア)に出店しており、注目度が高いことがわかります。

【ステーキングも解説】BLOKTOPIA(ブロックトピア)の特徴・買い方は?「メタバース『BLOKTOPIA(ブロックトピア)』について知りたい」という方向けに、特徴・仮想通貨BLOKの買い方・ステーキング方法を詳しく解説します。あわせて、将来性に期待できる点も紹介します。 ...

『BLOKTOPIA(ブロックトピア)』で使用される仮想通貨「BLOK」に投資してステーキングで増やすこともできます。

Everdome(エバードーム)

『Everdome(エバードーム)』は、火星を舞台にしたメタバースのプラットフォームです。

超リアルなメタバース(仮想空間)を構築しているプロジェクトです。

高技術な3Dスキャナーを利用して、現実世界に近い空間を生み出すことが可能になっています。

【エバードーム(Everdome)】土地(LAND)の買い方・購入方法を解説「エバードーム(Everdome)の土地(LAND)を買ってみたい」という初心者の方に、買い方・購入方法・価格を分かりやすく解説します。また、メタバースの特徴や仮想通貨を買う方法も紹介します。...

『Everdome(エバードーム)』の仮想通貨「DOME」への投資なら、より少額から始められます。

>>エバードーム(Everdome)の買い方を徹底解説![初心者でも失敗しない]

仮想通貨「DOME」を購入した方は、ステーキングで増やすのもおすすめです。

>>エバードーム(DOME)をステーキングする方法[初心者向け]

My Neighbor Alice(マイネイバーアリス)

『My Neighbor Alice(マイネイバーアリス)』は、「Lummelunda Archipelago(ルンメルンダ諸島」が舞台にしたメタバースです。

有名なゲーム『どうぶつの森』から影響を受けており、可愛らしい世界観が魅力的です。

土地を所有すれば、建物を建てたり、動物や植物を育てたりすることができます。

My Neighbor Alice(マイネイバーアリス)の土地の買い方を解説「My Neighbor Alice(マイネイバーアリス)の土地の買い方を知りたい」という方に向けて、購入方法を分かりやすく解説します。また、ゲームと土地の特徴も紹介します。...

Otherside(アザーサイド)

Otherside(アザーサイド)は、有名なNFTコレクションを展開しているスタジオが手がけるメタバースです。

Otherside(アザーサイド)の土地はOtherdeedと呼ばれ、『コインチェック NFT』や『Opensea』で購入できます

2022年4月に売りに出されたメタバースの土地「Otherdeed」は即日完売し、合計で数百億円の売り上げとなったことが話題にもなりました。

この記事で紹介した以外にも、様々なメタバースでも土地を購入できます

『江戸バース(Edoverse)』という江戸を舞台としたメタバースプロジェクトもあり、面白い世界観です。

>>江戸バース(Edoverse)とは?土地の買い方・購入方法を解説[メタバース]

メタバースの土地の使い方・活用方法

メタバースの土地の使い方・活用方法

メタバースの土地をどのように活用できるかも簡単に紹介しておきます。

メタバースの土地は、大きく分けて次の2種類の活用方法があります。

  1. メタバース不動産投資
  2. メタバースの土地でビジネス

「①メタバース不動産投資」は現実の不動産投資と同じように、土地を貸したり土地を売買したりする方法です。

「②メタバースの土地でビジネス」は、所有している土地に店舗を作ったり、イベントを開催したりして収益を得る方法です。

メタバースの土地の使い方・活用方法を詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

>>メタバースの土地の使い方・活用方法・活用事例を解説!【投資のやり方も紹介】

メタバースの土地を購入するメリット・デメリット

メタバースの土地を購入するメリット・デメリット

メタバースの土地を購入するメリット・デメリットを紹介します。

メタバースの土地を購入するメリット

まずは、メタバースの土地を購入するメリットをお伝えします。

①メタバースをより深く楽しめる

土地を持っていれば、できることが増えるので、メタバースをより深く楽しめます。

土地を貸して稼いだり、その土地でゲームやイベントを実施して入場料を取るなど、土地を持っているからできるメタバースの楽しみ方です。

②継続的な収入を得られる

土地を活用することで、継続的な収入が得られるのもメリットの1つです。

現実の不動産投資のように、長期的に借りてくれる相手を見つけたり、人気のでるコンテンツを提供することができれば、継続的にお金をもらう仕組みを作れます。

③大きな利益を得られる可能性あり

今後のメタバースの普及によっては、大きな利益を得られる可能性があるのも、メリットの1つです。

多くのメタバースでは、販売される土地の数に上限があります。

そのため、今のうちに買っておき、希少価値が出た時に売れば稼ぐことができます。

メタバースの土地を購入するデメリット

メタバースの土地を購入するデメリットもあります。

①多額の資金が必要

土地を購入するデメリットとして、多額の資金が必要ということが挙げられます

メタバースの土地を買うには、最低でも数十万円かかる場合がほとんどです。

資金に余裕がある方でなければ、気軽に買うのは難しいでしょう。

②値下がりのリスク

もう1つのデメリットが値下がりのリスクです。

選んだメタバースが長期的に普及すればいいですが、他のメタバースに負けて廃れてしまう可能性もあります。

そうなると、土地の値段も大きく下がるので、注意が必要です。

③流動性のリスク

値下がりのリスクとも関係しますが、流動性のリスクもあります。

どうしても多額の資金が必要な分、仮想通貨への投資に比べると流動性が低いです。

「売りたい時に売れない」「値段を下げても売れない」といった可能性があるので、そうした面も考慮する必要があります。

メタバースの土地購入に関するよくある質問

メタバースの土地購入に関するよくある質問

ここでは、メタバースの土地購入に関するよくある質問に答えていきます。

メタバースの土地を買うにはいくら必要?

どのメタバースを選ぶか、いつ買うかによって、メタバースの土地の価格は大きく異なります

ただし、『コインチェックNFT』や『Opensea』を見る限りでは、人気があるメタバースの土地は最低でも数十万は必要になります。

メタバースの土地を買うには何が必要?

利用するマーケットプレイスにもよりますが、以下の4つを用意しておけば安心です。

  1. 国内の仮想通貨取引所の口座
  2. イーサリアムなどの仮想通貨
  3. 海外の仮想通貨取引所の口座
  4. 仮想通貨ウォレット

それぞれの詳しい内容を以下の記事で解説しているので、参考にしてください。

>>【メタバース投資】土地の購入に必要なものを解説[やり方も紹介]【簡単】

メタバースの土地以外に投資する方法は?

「メタバースの土地は高い!」という方は、メタバース関連の仮想通貨を買うのがおすすめです。

仮想通貨の購入であれば500から挑戦できます

>>メタバース投資はいくらからできる?少額で簡単に始めるやり方を紹介[初心者向け]

メタバースの土地を買うと何ができる?

メタバースの土地を購入すると、土地を活用して稼ぐことができます。

具体的には、次のような活用方法があります。

  1. 土地を他のユーザーに貸す
  2. 土地で他のユーザーを遊ばせる
  3. 土地を他のユーザーに転売する

詳しい使い方・活用方法については、以下の記事をご覧ください。

>>メタバースの土地の使い方・活用方法・活用事例を解説!【投資のやり方も紹介】

メタバースの土地で稼いだら税金はかかる?

メタバースの土地で稼いだ場合、税金がかかります

例えば、メタバースの土地を売って儲けた場合には、利益に対して税金がかかるので、注意してください。

[参考]NFTやFTを用いた取引を行った場合の課税関係

まとめ:メタバースの土地は簡単に買える

今回は、次の内容をお伝えしました。

メタバースは今後の成長が期待される分野で、将来的には数兆円規模になるという予想もあります。

メタバースの土地は簡単に購入することができるので、興味がある方はぜひ購入してみてください。

>>「メタバースの土地を購入する方法・買い方」をあらためて確認する

『コインチェックNFT』で購入する方法は、仮想通貨取引に慣れていない方でも簡単です。

『コインチェックNFT』でメタバースの土地を購入したい方は、まずは『コインチェック』で口座開設して仮想通貨を購入してみましょう

また、『OpenSea』を利用したい方は、手数料を抑えてイーサリアムを購入できる『ビットフライヤー』がおすすめです。

メタバース投資には、土地購入以外にも仮想通貨やNFTアイテムの購入などがあります。

仮想通貨への投資は少額から始められるので、土地を買うより気軽に挑戦できます。

メタバース投資の種類について、詳しくは以下の記事をご覧ください。

メタバース投資の種類とやり方・始め方を分かりやすく解説【仮想通貨・土地・ゲーム】「メタバース投資の種類を知りたい!」という初心者の方に向けて、メタバース投資の種類・やり方・始め方を詳しく解説します。あわせて、将来性はあるかといったポイントもお伝えします。 ...

また、メタバースで実際に遊んでみるのもおすすめです。

【簡単】メタバースのやり方・始め方を解説[プラットフォームも紹介]【初心者向け】「メタバースのやり方を詳しく知りたい」という方に向けて、メタバースの特徴・やり方・始め方などを解説しています。おすすめのプラットフォームも紹介しているので、体験してみる際に役立ちます。...

メタバースではアバター作りを楽しむこともできます。

メタバースの作り方を紹介(アバター・アイテム・ゲーム)[初心者向け]「メタバースの作り方を知りたい!」そんな初心者の方に向けて、アバターの作り方、アイテム・ゲームを作るツールを紹介します。あわせて、メタバースのやり方・始め方や稼ぎ方も解説しています。...

メタバースには稼ぐチャンスがいくつもあるので、メタバースで稼ぎたい方は、以下の記事もぜひご覧ください。

メタバースで稼ぐには?メタバースの稼ぎ方を紹介[初心者でも大丈夫]「メタバースに興味がある!今のうちから挑戦して稼ぎたい」という方に向けて、メタバースで稼ぐ様々なやり方を解説します。この記事を読んで、興味がある稼ぎ方をぜひ試してみてください。...

また、メタバースゲームのおすすめを紹介している記事もあるので、始める際の参考にしてください。

【2022年版】メタバースゲームおすすめランキング10選【稼ぎ方も解説】「メタバースゲームで遊んでみたい」という方に向けて、おすすめゲームをランキング形式で紹介します。あわせて、メタバースで稼ぐ方法をお伝えしています。...

参照記事

Yuga Labs がメタバース空間 Otherside 上の土地販売で約416億円相当の売上を達成

Value creation in the metaverse