メタバース

The Sandbox(サンドボックス)の土地(LAND)の価格は?【買い方も紹介】

メタバース『The Sandbox(サンドボックス)』の土地(LAND)を買ってみたいな……価格や買い方を詳しく教えてほしい!

今回は、こんなお悩みにお答えしていきます。

2021年に『Facebook(フェイスブック)』が社名を『Meta(メタ)』に変更するなど、メタバースに注目が集まっています。

メタバースの市場規模は将来的に数兆円を超えるという予想もあります。

そんなメタバースの中でも、『The Sandbox(サンドボックス)』はすでに人気があるNFT・メタバースゲームです。

NFT化されている土地(LAND)の取引も活発に行われています。

この記事では、「The Sandboxの土地の価格を知りたい。買ってみたい」という方に向けて、価格や買い方を解説します。

なお、The Sandbox(サンドボックス)の土地を買うには、イーサリアムなどの仮想通貨が必要になります。

コインチェック』や『ビットフライヤー』で口座開設して、あらかじめ仮想通貨(暗号資産)を購入しておきましょう。

手数料をおさえてイーサリアムを購入したい方には、『ビットフライヤー』がおすすめです。

The Sandbox(サンドボックス)の土地(LAND)の価格

The Sandbox(サンドボックス)は、人気のあるメタバースの1つで、NFT化された土地を買うことができます。

The Sandboxに限らず、メタバースではNFT化されている土地を使って稼ぐことができます。

>>メタバースの土地の使い方・活用方法・活用事例を解説!【投資のやり方も紹介】

さっそくThe Sandbox(サンドボックス)の土地の価格を見てみましょう。

土地の価格とあわせて、価格に関する注意点も紹介します。

『コインチェックNFT』で売られている土地(LAND)の価格

『コインチェックNFT』では、The Sandbox(サンドボックス)の土地をイーサリアムやビットコインで買うことができます。

まずは、ビットコインで買う場合の最低価格を見てみましょう。

最低価格は「0.13BTC」です。1BTC(ビットコイン)=270万円で計算すると、約35万円の計算です。※2022年7月12日時点の情報です。

次に、イーサリアムで買う場合を見てみましょう。

イーサリアムの場合は最低価格が「2.0ETH」です。1ETH(イーサリアム)=15万円とすると30万円です。※2022年7月12日時点の情報です。

参考までに最高価格も見てみましょう。

ビットコインで買える土地の最高価格は、「179.0BTC」です。※2022年7月12日時点の情報です。

1BTC(ビットコイン)=270万円で計算すると、5億円近い金額になります……

イーサリアムで買える土地の最高価格は、「20,000,000ETH」です。※2022年7月12日時点の情報です。

えげつない金額です……

ということで、The Sandbox(サンドボックス)の土地(LAND)を買うには、30万円以上必要です。

『OpenSea』で売られている土地(LAND)の価格

海外のマーケットプレイス『Opensea』では、The Sandbox(サンドボックス)の土地をイーサリアムで買うことができます。

最低価格は「2.0ETH」でした。1ETH(イーサリアム)=15万円で計算すると30万円です。※2022年7月12日時点の情報です。

『コインチェックNFT』と同じですね。

ちなみに、最高価格は軽く億も超えている金額でした……

『Opensea』でも、The Sandbox(サンドボックス)の土地(LAND)を買うには30万円以上がかかります。

The Sandbox(サンドボックス)の土地の価格に関する注意点

The Sandbox(サンドボックス)などのメタバースの土地価格は次の2つの要因で大きく変動します。

  • メタバースの土地自体の需要と供給
  • 仮想通貨自体の相場

仮想通貨の相場だけでも値動きが激しいですが、そこにメタバースの土地自体の需要と供給が絡むので、価格変動はさらに激しくなります。

2022年7月12日の時点では、最低で30万円かかりますが、1週間後や1ヶ月後に、最低価格が20万円になる可能性もあれば、50万円になる可能性もあります。

The Sandbox(サンドボックス)の土地を買いたいという方は、買うタイミングにも注意しましょう。

メタバースの土地購入は、リスクの高い投資方法です。

事前リサーチをして相場を知っておくなどリスクを減らす対策をとりましょう。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

>>メタバース不動産投資(土地購入)をやる際の注意点を解説【リスクを減らす】

The Sandbox(サンドボックス)の土地の価格は、今後のユーザー数の増加など、ゲーム自体の人気にも大きく影響されます

数十万円かけて土地を買う前に、一度遊んでみるのもおすすめです。

遊んでみることで将来的に流行りそうかを判断する参考になります。

>>The Sandbox(サンドボックス)の始め方[遊び方も解説]

また、土地(LAND)の購入以外にもThe Sandboxで稼ぐ方法はあります

>>The Sandboxでお金を稼ぐ方法|収益化方法・稼ぎ方を5つ紹介[サンドボックス]

The Sandbox(サンドボックス)の土地(LAND)の買い方

それでは、The Sandbox(サンドボックス)の土地(LAND)の買い方を紹介します。

購入する方法は、主に次のパターンがあります。

①の『コインチェックNFT』で購入する方法は簡単なので、仮想通貨の取引に慣れていない方におすすめです。

国内の仮想通貨取引所『コインチェック』を使って、『The Sandbox(サンドボックス)』の土地(LAND)をすぐに買うことが可能です。

①『コインチェックNFT』で購入する方法

『コインチェックNFT』でThe Sandbox(サンドボックス)の土地(LAND)を購入する流れは次のとおりです。

手順1:『コインチェック』で口座を開設

まずは、『コインチェック』で口座を開設しましょう。

無料で簡単に口座開設できます。

口座開設がうまくできるか不安な方は、下の記事も参考にしてください。

>>【簡単!】コインチェックで口座開設する3つの手順【初心者向け】

手順2:『コインチェック』でビットコインかイーサリアムを購入

口座開設ができたら、仮想通貨「ビットコイン」か「イーサリアム」を購入しましょう。

「欲しい土地を買うために必要な仮想通貨は何か」をあらかじめ確認しておくと安心です。

コインチェックで仮想通貨を買う際の注意点
  • イーサリアムは、手数料が高い「販売所」でしか購入できません。
  • ビットコインは、「取引所」を利用して手数料無料で購入できます。

「販売所」の場合は簡単に仮想通貨を買えます。

アプリを使って「取引所」で仮想通貨を買いたい場合、買い方が分かりにくいので以下の記事を参考にしてください。

>>コインチェックのアプリに取引所はない?取引所での買い方を解説

手順3:『コインチェックNFT』にアクセス

次は、『コインチェックNFT』にアクセスしましょう。

コインチェック』にログインしたら、左側にある「Coincheck NFT」を選びます。

手順4:『The Sandbox(サンドボックス)』の土地を選んで購入

『コインチェックNFT』にアクセスできたら、タイトル欄から『The Sandbox(サンドボックス)』を選びましょう。

※「Coincheck NFT」では、その他のメタバースの土地なども購入できます。

『The Sandbox(サンドボックス)』を選んだら、土地の一覧が表示されます。

初期設定のままだと売り切れている土地も表示されます。

検索欄の右の場所をクリックした後、出品ステータス「出品中」を選択して「適用」をクリックすれば、購入できる土地だけを表示できます。

購入可能な土地を表示できたら、欲しい土地をクリックします。

土地の詳細画面に移動したら、「購入確認」をクリックして購入できます。

※「購入確認」の上に、日本円換算の金額が表示されます。

②『OpenSea』で購入する方法

『OpenSea』で『The Sandbox(サンドボックス)』の土地(LAND)を購入する方法は、 下記のとおりです。

手順1:国内取引所で口座を作成

まずは『コインチェック』や『ビットフライヤー』で口座開設をしましょう。

手数料をおさえてイーサリアムを購入したい方には、『ビットフライヤー』がおすすめです。

『ビットフライヤー』は利用者数が多く取引量も多い国内最大級の取引所です。

今国内で最も長く仮想通貨取引所を運営する企業でもあるので、初心者でも安心して取引できます。

送金手数料も抑えたいという方は、『GMOコイン』を利用するのも選択肢の1つです。

>>【公式】GMOコインで口座開設する【無料】

口座開設がうまくできるか不安な方は、下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

↓ビットフライヤーの口座開設の方法はこちら

>>【完全無料】bitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設する手順【初心者向け】

↓GMOコインの口座開設の方法はこちら

>>【初心者向け】GMOコインで口座開設する方法を解説[最短10分]

手順2:国内取引所でイーサリアムを購入

口座を開設できたら、イーサリアム(ETH)を購入しましょう。

購入する際は、手数料の高い「販売所」ではなく「取引所」を利用しましょう。

うまく購入できるか不安な方は、下の記事を参考にしてください。

↓ビットフライヤーはこちら

>>【初心者向け】イーサリアムをビットフライヤーの取引所で買う方法を解説

↓GMOコインはこちら

>>【初心者向け】GMOコインの入金から購入までのやり方を解説【簡単】

「販売所」と「取引所」の違いを詳しく知りたい方は、下の記事もご覧ください。

>>「販売所」と「取引所」の違い【暗号資産(仮想通貨)を買う前に知っておくべき】

手順3:仮想通貨ウォレットを作成

イーサリアムの購入もできたら、仮想通貨ウォレットを作成しましょう。

メタマスク』という仮想通貨ウォレットがおすすめです。

インストール方法を下の記事で解説しているので、参考にしてください。

>>【初心者向け】メタマスクの始め方・入金方法を徹底解説!【画像つき】

手順4:仮想通貨ウォレットにイーサリアムを送金

『メタマスク』の作成もできたら、購入したイーサリアムを『メタマスク』に送金しましょう。

『メタマスク』のアドレス宛に、イーサリアムを送金します。

詳しい手順は、以下の記事で解説しているので参考にしてください。

>>【簡単】bitFlyerからMetaMaskに送金する方法[ビットフライヤーからメタマスク]

手順5:『OpenSea』にアクセスして土地(LAND)を購入

『メタマスク』にイーサリアムを送金できたら、マーケットプレイス『OpenSea』にアクセスして土地を購入できます。

>>OpenSeaにアクセスする

アクセスできたら、右上にあるマーク(人のマークの右)をクリックして、『メタマスク』の接続を行います。

『メタマスク』の接続ができたら、『The Sandbox(サンドボックス)』の土地を探して購入できます。

検索欄に「sandbox」と入力して検索し、『The Sandbox(サンドボックス)』を選びましょう。

あとは欲しい土地を探して、「Buy now」を選択して購入できます。

The Sandbox(サンドボックス)の土地(LAND)でできること

『The Sandbox(サンドボックス)』の土地を購入するとできることを紹介します。

①土地(LAND)を他のユーザーに貸す

The Sandbox(サンドボックス)の土地を他のユーザーに貸して賃料を得ることができます。

例えば、「The Sandbox(サンドボックス)でゲームを作りたいけど土地を買うお金がない」というユーザーに土地を貸して稼ぐことができます。

②土地(LAND)で他のユーザーを遊ばせる

The Sandbox(サンドボックス)では、『Game Maker』というツールを使って、ゲームを作ることができます。

自分の土地で遊べるゲームを作り、他のユーザーがゲームで遊ぶのを有料化することで稼ぐことが可能です。

③土地(LAND)を他のユーザーに転売する

The Sandbox(サンドボックス)の土地を買った値段より高く売ることで利益を得ることも可能です。

30万円で買った土地が、100万円になるなど、大きく値上がりする可能性もあります。

まとめ:The Sandbox(サンドボックス)の土地(LAND)の購入は簡単

この記事では、次の内容をお伝えしました。

The Sandbox(サンドボックス)の土地は、簡単に購入することができます。

特に『コインチェックNFT』で購入する方法は、仮想通貨取引に慣れていない方でも簡単です。

『コインチェックNFT』でメタバースの土地を購入したい方は、まずは『コインチェック』で口座開設して仮想通貨を購入してみましょう。

『コインチェック』には、手数料を抑えてイーサリアムを買えないというデメリットもあります。

手数料を抑えてイーサリアムを買いたい方には、『ビットフライヤー』がおすすめです。

※ビットフライヤーでイーサリアムを購入して、コインチェックに送金できます。

また、The Sandbox(サンドボックス)以外のメタバースの土地に興味がある方は、下の記事もご覧ください。

>>メタバースの土地を購入する方法・買い方を解説【価格も紹介】[初心者向け]

The Sandbox(サンドボックス)に興味はあるけど、土地を買うお金はない……

The Sandbox(サンドボックス)の土地は簡単に買えますが、それなりの金額が必要です。

土地を買うのが難しい場合、The Sandbox(サンドボックス)で使用される仮想通貨「SAND」に投資するのも選択肢の1つです。

仮想通貨「SAND」は、『コインチェック』で500円から購入できます

>>コインチェックで口座開設する(無料)

仮想通貨「SAND」を持っている方は、ステーキングで増やすこともできます。詳しくは下の記事をご覧ください。

>>【簡単にできる】仮想通貨「SAND」のステーキング方法を解説

The Sandbox(サンドボックス)以外のメタバース関連の仮想通貨にも興味がある方は、下の記事もぜひご覧ください。

>>【買い方も解説】メタバース関連の仮想通貨おすすめ銘柄を紹介

メタバースの土地を買う以外に、メタバースで稼ぐ方法ってあるの?

メタバースには、土地を買ったり仮想通貨に投資して稼ぐ以外にも、ゲームで遊んで稼ぐなど様々な稼ぎ方があります。

メタバースの稼ぎ方に興味がある方は、以下の記事をご覧ください。

>>メタバースで稼ぐには?メタバースの稼ぎ方を紹介[初心者でも大丈夫]

また、メタバースゲームのおすすめを紹介している記事もあるので、参考にしてください。

>>【2022年版】メタバースゲームおすすめランキング10選【稼ぎ方も解説】

参照記事

Facebook、社名を「メタ」に変更 仮想空間に注力

メタバース、次世代技術プラットフォームの市場規模は8000憶ドルに達する可能性

メタバース上の仮想土地NFT、先週1週間で取引高は1億ドル以上に=DappRadar