メタバース

メタバース投資の種類とやり方・始め方を分かりやすく解説【仮想通貨・土地・ゲーム】

メタバース投資の種類を詳しく教えてほしい!

やり方も詳しく教えてもらえると嬉しいな……

今回は、こんなお悩みにお答えしていきます。

メタバースとは、インターネット上の仮想空間のことで、世界中で注目されているキーワードです。

2021年に『Facebook(フェイスブック)』がメタバース事業に注力していくにあたり、社名を『Meta(メタ)』に変更したことも話題になりました。

有名企業が続々と参入しているメタバースですが、個人でもメタバースに投資することは可能です。

この記事では、メタバース投資のやり方・始め方だけでなく、メタバース投資の基礎知識や注意点を解説します。

「メタバース投資に興味がある、これから始めたい」という方は、ぜひご覧ください。

メタバースの仮想通貨や土地などのNFTに投資するためには、仮想通貨取引所の口座が必要です。

まだ口座を持っていない方は、『コインチェック』や『ビットフライヤー』で口座を作っておきましょう。

口座開設は無料で簡単にできます。

手数料を抑えてイーサリアムを買える『ビットフライヤー』がおすすめです。

メタバース投資の基礎知識

メタバース投資の基礎知識

まずは、メタバース投資の基礎知識をお伝えします。

お伝えする内容は次のとおりです。

メタバース投資の種類

メタバースの投資には以下の4種類があります。

順番に解説します。

①メタバース関連の仮想通貨(暗号資産)

メタバース関連の仮想通貨(暗号資産)

1つ目が、メタバース関連の仮想通貨への投資です。

メタバース関連の仮想通貨といっても様々なものがあります。

例えば『The Sandbox(サンドボックス)』というメタバースでは、仮想通貨「SAND」が使用されます。

マインクラフトに似ている世界観が特徴的です。

The Sandbox(サンドボックス)について詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

>>The Sandbox(サンドボックス)の始め方[遊び方も解説]

The Sandbox(サンドボックス)で稼ぐこともできます。収益化方法を知りたい方に向けて、以下の記事で解説しています。

>>The Sandboxでお金を稼ぐ方法|収益化方法・稼ぎ方を5つ紹介[サンドボックス]

Bloktopia(ブロックトピア)』というメタバースでは、仮想通貨「BLOK」が使用されます。

21階建ての高層ビルを舞台としたメタバースで美しいグラフィックが印象的です。

『Bloktopia(ブロックトピア)』について詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

>>【ステーキングも解説】BLOKTOPIA(ブロックトピア)の特徴・買い方は?

メタバースごとに異なる仮想通貨が使用されます。

また、次々に新たなプロジェクトが誕生しているので、今後も新たな仮想通貨がどんどん登場していきます。

無数にあるメタバース関連の仮想通貨の中で、おすすめ銘柄は次のとおりです。

  • ディセントラランド(MANA)
  • シータネットワーク(THETA)
  • アクシーインフィニティ(AXS)
  • サンドボックス(SAND)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • ワックス(WAXP)
  • イルビウム(ILV)
  • マイネイバーアリス(ALICE)
  • ブロックトピア(BLOK)
  • エバードーム(DOME)
  • ザナ(XETA)

上で紹介した銘柄の特徴は、以下の記事で解説しています。興味がある方はぜひご覧ください。

↓ザナ以外の銘柄はこちら↓

>>【買い方も解説】メタバース関連の仮想通貨おすすめ銘柄を紹介

↓ザナはこちら↓

>>XANA(ザナ)とは?特徴・始め方・稼ぎ方・将来性を徹底解説!

②メタバースの土地(NFT)

メタバースの土地(NFT)

メタバースの土地はNFT化されているため、土地に投資することもできます。

土地を所有することで、土地の値上がりで稼ぐだけでなく、土地を貸して稼いだりすることもできます。

メタバースの土地の活用方法には、次のようなものがあります。

  • 土地を売買する
  • 土地を他のユーザーに貸す
  • 建物を作り土地とセットで売る
  • 店舗の運営
  • ゲームの公開
  • イベント開催
  • 広告枠の販売

以下の記事で使い方・活用方法の詳しい説明をしているので、ぜひ参考にしてください。

>>メタバースの土地の使い方・活用方法・活用事例を解説!【投資のやり方も紹介】

  • 土地への投資は多くの場合、数十万円はかかるので、資金に余裕がある人向きです。

土地を買うのにおすすめのメタバースは次のとおりです。

メタバースの土地購入に関する詳しい情報は、以下の記事で解説しています。

>>メタバースの土地を購入する方法・買い方を解説【価格も紹介】

メタバースの土地がどれくらいの価格で取引されているのか知っておくことも重要です。

価格について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

>>【2022年版】メタバースの土地の価格・値段を解説![最低購入価格も紹介]

③メタバースで使われるアイテムなどのNFT

メタバースで使われるアイテムなどのNFT

メタバースで使われるアイテムなどのNFTへ投資することもできます。

メタバース内で役に立つアイテムなどは価値が高くなる傾向にあるので、安いうちに買っておけば、将来的な値上がりで利益を得ることが可能です。

「ミステリーボックス」といって、購入するとランダムで1つNFTを入手できるものもあります。

数千円で購入できるミステリーボックスから、数十万円以上で売れるレア度や人気の高いNFTが入手できることもあります。

④メタバース関連企業の株

メタバース関連企業の株

メタバース関連企業の株の株に投資する方法もあります。

海外の企業だと以下の企業が有名です。

日本の企業でも、様々な企業があります。

上記の他にも様々な企業があり、これからもさらに多くの企業の参入が予想されます。

そうした企業に今のうちから投資しておくのも選択肢の1つです。

株へ投資するには証券口座が必要なので、お持ちでない方は口座開設しておきましょう。

>>SBI証券で口座を開設する【無料】

メタバースの将来性

メタバースの将来性

メタバース投資の種類をお伝えしたところで、メタバースの将来性についても解説します。

様々な企業が続々と参入しているメタバースですが、将来的な市場規模の予想もされています。

例えば、アメリカのコンサルティング会社であるマッキンゼー・アンド・カンパニーのレポートでは、2030年までに5兆ドルに達する可能性があると述べられています。

株式会社グローバルインフォメーションの市場調査レポートでは、市場規模は2022年の618億ドルから、2027年には4,269億ドルへ達すると予想されています。

成長の幅については様々ですが、大きな成長を見込んでいる予想が多いです。

  • 2006年頃に流行した「セカンドライフ」の例をだしつつ、メタバースは一時的に流行ってもすぐに廃れるという予想もあります。
  • しかし、テクノロジーの発達や、人々の意識の変化を考えると、「セカンドライフ」の二の舞にはならないと思います。

メタバースとセカンドライフについては、以下の記事でも解説しています。

>>メタバースとセカンドライフの違いを解説[二の舞では終わらない?]

メタバースの将来性や今のうちにやっておくといいことを、詳しく解説している記事もあります。

興味がある方は以下の記事も合わせてご覧ください。

>>メタバースはオワコン?怪しい?将来性と今のうちにやるべきことを解説[初心者向け]

メタバースの将来性が気になる方は、体験してみるのも選択肢の1つです。

メタバースのやり方を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

>>【簡単】メタバースのやり方・始め方を解説[プラットフォームも紹介]【初心者向け】

メタバースには様々な稼ぎ方があるのも特徴です。

興味がある方は、副業として取り組める方法もあります。

>>【副業可】メタバースでお金を稼ぐおすすめの方法を解説【初心者でも稼げる】

メタバース投資のやり方・始め方

メタバース投資のやり方・始め方

それでは、メタバース投資のやり方・始め方を解説します。

メタバース投資に必要なもの

何に投資するかによって必要なものが変わります。

仮想通貨・土地・アイテムなどのNFTに投資する場合は、仮想通貨取引所の口座が必須です。

口座だけでなく、仮想通貨ウォレットが必要になる場合もあります。

株への投資の場合は、証券口座が必要です。

①メタバース関連の仮想通貨(暗号資産)に投資するやり方

メタバース関連の仮想通貨へ投資する場合は、仮想通貨取引所の口座が必要になります。

  • 購入したい通貨によって、どこの取引所の口座が必要か変わってきます。
  • 国内取引所で買えるメタバース関連銘柄は少ないので、海外取引所の口座開設が必要な場合が多いです。

おすすめ銘柄ごとに購入できる取引所を紹介します。

通貨の名称おすすめの口座
ディセントラランド
(MANA)
海外取引所
バイナンス
シータネットワーク
(THETA)
海外取引所
バイナンス
アクシーインフィニティ
(AXS)
海外取引所
バイナンス
サンドボックス
(SAND)
国内取引所
コインチェック
エンジンコイン
(ENJ)
国内取引所
コインチェック
ワックス
(WAXP)
海外取引所
バイナンス
イルビウム
(ILV)
海外取引所
バイナンス
マイネイバーアリス
(ALICE)
海外取引所
バイナンス
ブロックトピア
(BLOK)
海外取引所
gate.io
エバードーム
(DOME)
海外取引所
バイビット
ザナ
(XETA)
海外取引所
バイビット

国内取引所で買えるメタバース関連の仮想通貨は少ないので、海外取引所の口座が必要になる場合が多いです。

  • 海外取引所を使う場合の入金方法は、国内取引所からの送金がおすすめです。
  • クレジットカード入金は、「手数料が高い」「使えるカードが限られている」といった問題があります。

国内取引所で仮想通貨に投資する流れ

国内取引所で投資する流れは、次のとおりです。

サンドボックス(SAND)とエンジンコイン(ENJ)を『コインチェック』で買うことができます。

①『コインチェック』で口座を開設

まずは『コインチェック』で口座を開設しましょう。

口座開設は簡単ですが、うまくできるか不安な方は、以下の記事を参考にしてください。

>>【簡単!】コインチェックで口座開設する3つの手順【初心者向け】

②『コインチェック』に入金して仮想通貨を購入

口座開設ができたら、次は入金しましょう。

  • 『GMOあおぞらネット銀行』か『住信SBIネット銀行』の口座を持っていれば、無料で入金できます。
  • どちらの口座も持っていないという場合でも、入金はできるのでご安心ください。

入金方法が分からない方は、以下の記事を参考にしてください。

>>【簡単】コインチェックにゆうちょから入金する方法【振込手数料も解説】

入金ができたら、仮想通貨を購入しましょう。

『コインチェック』のアプリを開き、「SAND」or「ENJ」を選んで、「購入」をクリックします。

コインチェックでメタバース関連の仮想通貨を選ぶ

購入したい金額を入力したら、「日本円でSANDを購入」を選びます。

※500円分から購入できます。

メタバース関連の仮想通貨をいくら分買うか入力

確認画面が表示されるので、「購入」をクリックします。

確認してメタバースの仮想通貨に投資をする

これで購入完了です!

海外取引所で仮想通貨に投資する流れ

海外取引所で仮想通貨に投資する流れは次のとおりです。

ここでは、多くのメタバース関連銘柄を購入できる『バイナンス』を例に説明します。

『バイナンス』で仮想通貨を買う方法は、次のステップです。

『バイナンス』で購入できない仮想通貨「ブロックトピア(BLOK)」などの買い方は、それぞれの解説記事を参考にしてください。

>>BLOKTOPIA(ブロックトピア)の特徴・買い方は?

>>【初心者向け】エバードームの買い方!

>>XANA(ザナ)とは?特徴・始め方・稼ぎ方・将来性を徹底解説!

それでは、『バイナンス』で仮想通貨を購入する流れを解説します。

①国内取引所の口座開設

まずは、国内の仮想通貨取引所で口座開設をしましょう。

これから開設するという場合は、『ビットフライヤー』がおすすめです。

なぜなら、『ビットフライヤー』は海外取引所に手数料無料で送金することが可能だからです。

そのため、人気が高く送金手数料を抑えられる『ビットフライヤー』をおすすめしています。

※審査に時間がかかる場合もあるので、先に口座を作っておくとスムーズです。

口座開設がうまくできるか不安な方は、以下の記事を参考にしてください。

>>【完全無料】bitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設する手順【初心者向け】

②『バイナンス』の口座開設

次に、『バイナンス』の口座開設をしましょう。

『バイナンス』は人気がある取引所で、取引高も世界1位です。

>>【公式】バイナンスの口座を開設する

※上記リンクから開設していただくと、手数料が永久10%オフの特典があります。

③国内取引所で仮想通貨を購入

ビットフライヤー』と『バイナンス』で口座開設できたら、次のステップです。

『ビットフライヤー』で仮想通貨を購入して、『バイナンス』に送金します。

購入する金額は、少額でも大丈夫です。

最小の注文量などは公式ホームページで確認できます。

>>バイナンストレードルールを確認する

「ビットフライヤーに入金する方法が分からない」という方は、下記の記事を参考にしてください。

>>【初心者向け】イーサリアムをビットフライヤーの取引所で買う方法を解説

『ビットフライヤー』で購入する仮想通貨は、「ステラルーメン」か「リップル」を選びましょう。

なぜなら、送金手数料が無料で、送金時間も短いからです。

こうし

私自身は、海外取引所への送金には「ステラルーメン」をよく使います。

  • 仮想通貨を購入する際は、手数料が安い『bitFlyer Lightning』を利用しましょう。
  • 販売所で仮想通貨を購入すると、多額の手数料をとられてしまいます。

手数料が安い『bitFlyer Lightning』で仮想通貨を購入する方法も解説しておきます。

まずは、『ビットフライヤー』にログインし、左側にある『bitFlyer Lightning』を選びます。

※『bitFlyer Lightning』の画面にいくと音がでるので、ご注意ください。

メタバースの土地に投資するやり方

『bitFlyer Lightning』の画面に移動したら、検索欄から「XLM/JPY」を選びます。

※この記事では、「XLM(ステラルーメン)」の解説をしていますが、「XRP(リップル)」も送金手数料は無料です。

念のため、「XLM/JPY」をちゃんと選べているか確認しておきましょう。

仮想通貨の購入は、板情報の右側にある欄でできます。

まずは「成行」を選び、買いたい数量を入力したら、「買い」を選びます。

※「指値」でもいいですが、ここでは簡単かつ取引も早く完了する「成行」を選んでいます。

  • 買いたい数量を入力すると、その下に予想価格と手数料が表示されるので確認しておきましょう。

確認画面になるので「買い」を選びましょう。

これで、『ビットフライヤー』で「ステラルーメン(XLM)」を購入できました。

④国内取引所から『バイナンス』へ送金

『ビットフライヤー』で「ステラルーメン(XLM)」を購入できたら、『バイナンス』に送金しましょう。

送金は次のステップでできます。

  1. 『バイナンス』で入金アドレスを確認する
  2. 『ビットフライヤー』にアドレスを登録する
  3. 購入した仮想通貨を『バイナンス』に送金する

アドレス登録が分かりにくいかもしれないので、初めての方は下記の記事を参考にしてください。

>>【手数料無料】ビットフライヤーからバイナンスへ送金する方法[画像つき]

⑤『バイナンス』で仮想通貨を購入

『バイナンス』に入金ができたら、まずは「BNB」を購入していきましょう。

「BNB」って何?
  • 「BNB」とは「バイナンスコイン」という仮想通貨です。
  • 「ステラルーメン(XLM)」を売っていきなり欲しい仮想通貨を買うことができないので、まず「BNB」を購入します。

まずは、入金した「ステラルーメン(XLM)」を売って、「BNB」を入手していきます。

バイナンス』にログインし、「トレード」→「現物」と選びます。

トレード画面になるので、検索欄に「xlm」と入力して表示される「XLM/BNB」を選択しましょう。と

念のため、「XLM/BNB」の画面になっているか確認しておきましょう。

チャートの下にある「成行」を選びます。

「ステラルーメン(XLM)」を売りたい数量を入力し、「売却XLM」を選びます。

これで、「BNB」を入手できました。

あとは、トレード画面で自分が欲しい銘柄を探し、「BNB」を売って欲しい仮想通貨を買うだけです。

例えば「ディセントラランド(MANA) 」を購入したい場合は、MANAを検索し「MANA/BNB」を選ぶという感じです。

②メタバースの土地に投資するやり方

メタバースの土地に投資するやり方

メタバースの土地に投資する方法は、主に次のパターンがあります。

『Coincheck NFT』で購入する方法は簡単なので、仮想通貨の取引に慣れていない方におすすめです。

国内の仮想通貨取引所である『コインチェック』を使って、メタバースの土地をすぐに買うことが可能です。

メタバースの土地(NFT)は価格変動が激しいです。

購入する際は、土地の相場価格を調べたほうがリスクを減らせます。

>>【メタバース投資に役立つ】土地の購入・売却をする際に相場価格を調べる方法

メタバースの土地を購入する際は、他にも注意点があります。

>>メタバース不動産投資(土地購入)をやる際の注意点を解説【リスクを減らす】

①『Coincheck NFT』で投資するやり方

『Coincheck NFT』でメタバースの土地を購入する流れは次のとおりです。

①『コインチェック』で口座を開設

まずは、『コインチェック』で口座を開設しましょう。

無料で簡単に口座開設できます。

口座開設は簡単ですが、うまくできるか不安な方は、以下の記事を参考にしてください。

>>【簡単!】コインチェックで口座開設する3つの手順【初心者向け】

②『コインチェック』でイーサリアムを購入

口座開設ができたら、仮想通貨「イーサリアム」を購入しましょう。

※『コインチェック』では、手数料が高い「販売所」でしかイーサリアムを購入できません。

③『Coincheck NFT』にアクセス

次は、『Coincheck NFT』にアクセスしましょう。

コインチェック』にログインしたら、左側にある「Coincheck NFT」を選びます。

コインチェックNFTにアクセス
④メタバースの土地を選んで購入

「Coincheck NFT」にアクセスできたら、タイトル欄から、土地が欲しいメタバースを選びましょう。

※「Coincheck NFT」では、メタバース以外のNFTも売られています。

コインチェックNFTで投資したいメタバースの土地を探す

メタバースを選んだら、土地の一覧が表示されます。

初期設定のままだと売り切れている土地も表示されます。

検索欄の右の場所をクリックした後、出品ステータス「出品中」を選択して「適用」をクリックすれば、購入できる土地だけを表示できます。

出品中のメタバースの土地に絞る

購入可能な土地を表示できたら、欲しい土地をクリックします。

投資したいメタバースの土地を見つけたら選ぶ

土地の詳細画面に移動したら、「購入確認」をクリックして購入できます。

※「購入確認」の上に、日本円換算の金額が表示されます。

購入確認をしてメタバースの土地に投資する

②『OpenSea』などの海外マーケットプレイスで投資するやり方

『OpenSea』などの海外マーケットプレイスでメタバースの土地を購入する方法は、 下記のとおりです。

  1. 国内取引所で口座を作成
  2. 国内取引所でイーサリアムを購入
  3. 仮想通貨ウォレットを作成
  4. 仮想通貨ウォレットにイーサリアムを送金
  5. 海外マーケットプレイスにアクセスして土地を購入

詳しい解説は、以下の記事を参考にしてください。

>>メタバースの土地を購入する方法・買い方を解説【価格も紹介】[初心者向け]

③メタバースで使われるアイテムなどのNFTに投資するやり方

アイテムなどのNFTに投資する主なやり方は、以下のとおりです。

  1. 国内取引所で口座を作成
  2. 国内取引所でイーサリアムを購入
  3. 仮想通貨ウォレットを作成
  4. 仮想通貨ウォレットにイーサリアムを送金
  5. マーケットプレイスにアクセスしてNFTを購入する

基本的には、マーケットプレイスでアイテムなどのNFTを購入できるので、『OpenSea』などのマーケットプレイスを利用します。

④メタバース関連企業の株に投資するやり方

メタバース関連企業の株に投資する流れは、次のとおりです。

  1. 証券口座を開設する
  2. 証券口座に入金して、株を購入

メタバース関連企業の株を買う場合は、証券口座が必要になります。

個人的には、有名で利用者数も多い『SBI証券』がおすすめです。

>>SBI証券で口座を開設する【無料】

口座開設は無料でできますが、時間がかかる場合もあるので、とりあえず開設しておくのがおすすめです

口座開設ができたら、あとは入金をして、欲しい企業の株を購入するだけです。

メタバース投資をやる際の注意点

メタバース投資をやる際の注意点

メタバース投資をやる際の注意点を3つ紹介しておきます。

順番に解説します。

①分散投資などリスク管理を行う

1つ目が、分散投資などリスク管理を行うことです。

  • メタバースは今後の大きな成長が期待できる分野ですが、仮想通貨や土地の値動きは激しいです。
  • また、情報の流れがはやく、新しいメタバースもどんどん登場してきます。
  • そのため、1つのメタバースに集中投資するのは、リスクが高いです。

複数のメタバースに分散投資をしたり、最悪なくなってもいい金額だけ投資するなど、リスク管理を行うのがおすすめです。

②送金ミスに注意する

送金ミスに注意するのも重要です。

  • 国内取引所→海外取引所→仮想通貨ウォレットなど、投資する中で資金の移動が多く発生します。
  • 送金の際は、送金先のアドレスを間違えないようにしましょう。
  • 送金アドレスを間違えると、大切な資金を失ってしまいます

対策として、「アドレスは手打ちではなくコピー&ペーストする」「うまく送金できるか少額で試してみる」といった方法がおすすめです。

③詐欺に気をつける

詐欺に気をつけることも大事です。

  • 仮想通貨の分野では、詐欺が多いです。
  • 知らない相手からDMがきても無視するのが賢明です。
  • また、仮想通貨ウォレットを接続してガス代を支払ったりする場合も、信頼できるサイトなのか確認が必要です。

メタバース投資を始める上で、その他の注意点やリスクを減らす方法も把握しておきたい方は、以下の記事をご覧ください。

>>メタバース投資は危ない?リスクを減らす方法と注意点を解説[初心者向け]

また、仮想通貨やNFTで稼ぐと税金がかかります。

[参考]暗号資産に関する税務上の取扱い及び計算書について(令和3年12月)

メタバース投資のやり方に関するよくある質問

メタバース投資のやり方に関するよくある質問

ここでは、メタバース投資に関するよくある質問にお答えします。

  • メタバース投資はいくらからできる?
  • おすすめの投資方法は何?

メタバース投資はいくらからできる?

投資手法によって最低金額は異なりますが、メタバース関連の仮想通貨への投資なら、数百円からできます。

例えば、有名なメタバース『The Sandbox(サンドボックス)』の通貨「SAND」を『コインチェック』で買う場合、500円分から購入可能です。

>>メタバース投資はいくらからできる?少額で簡単に始めるやり方を紹介[初心者向け]

おすすめの投資方法は何?

おすすめは、メタバース関連の仮想通貨(暗号資産)に投資する方法です。

なぜなら、少額から簡単に始められ、仮想通貨やNFTに対する理解も深められるからです。

まとめ:メタバース投資は少額から始められる

今回は、次の内容をお伝えしました。

メタバースは世界的に注目されているキーワードで、将来性が期待されている分野です。

今のうちに投資をしておくことで、数年後に大きな利益を得られるかもしれません。

これからメタバース投資を始める方には、少額から始められるメタバース関連の仮想通貨(暗号資産)への投資が手を出しやすいです。

投資するなかで、メタバースだけでなく仮想通貨やNFTに対する理解も深められます。

>>メタバース関連の仮想通貨(暗号資産)に投資するやり方を確認する

なお、メタバースの仮想通貨や土地などのNFTに投資するためには、仮想通貨取引所の口座が必要です。

まだ口座を持っていない方は、『コインチェック』や『ビットフライヤー』で口座開設しておきましょう。

口座開設は無料で簡単にできます。

手数料を抑えてイーサリアムを買える『ビットフライヤー』がおすすめです。

参照記事

Value creation in the metaverse

メタバースの市場規模、2027年に4,269億米ドル到達予測