メタバース

メタバースの作り方を紹介(アバター・アイテム・ゲーム)[初心者向け]

メタバースの作り方を知りたいな……アバターを作ったら何ができるかも教えてほしい!

今回は、こんな疑問にお答えしていきます。

有名企業が参入するなどメタバースに注目が集まる中、メタバースに興味がある方も増えていると思います。

メタバースの特徴の1つが、ユーザー自身でアバターやアイテムなどを作れることです。

この記事では、メタバースのアバター・アイテム・ゲームの作り方を初心者向けに紹介していきます。

なお、メタバースのNFTゲームで遊んで稼ぐには、イーサリアムなどの仮想通貨が必要になります。

コインチェック』や『ビットフライヤー』で口座開設して、仮想通貨を購入しておきましょう。

手数料をおさえてイーサリアムを購入できる『ビットフライヤー』がおすすめです。

それでは、順番に解説していきます。

メタバースのアバターの作り方

まずは、メタバースのアバターの作り方を紹介します。

この記事では、以下の3つのメタバースを取り扱います。

  1. The Sandbox(サンドボックス)
  2. Decentraland(ディセントラランド)
  3. XANA(ザナ)

それでは、順番に解説します。

①The Sandbox(サンドボックス)

The Sandbox(サンドボックス)は、時価総額が高く注目されているメタバースの1つです。

ブロックを組み合わせた「ボクセルアート」で構築されています。

アバターを作る流れは以下のとおりです。

①公式ホームページにアクセス

まずはThe Sandbox公式ホームページにアクセスしましょう。

アクセスできたら、画面の左側にある「作成」を押し、そのあとに、画面の中央あたりに表示される「アバター」をクリックします。

次に「アバターを作成」というボタンをクリックしましょう。

②アバターを作成する

アバター作成画面になるので、アバターを作っていきましょう。

左側にテンプレートが用意されているので、そこから気に入ったものを選んで簡単にアバターを作れます。

自分のアバターの見た目は右側に表示されます。

画面の左側にあるボタンを押すことで、頭や服など、変更したいパーツを選べます。

作ったアバターを保存する場合は、右下にある「変更を保存」をクリックします。

「変更を保存」をクリックすると、ログインorアカウントの作成を求められます。

なお、アカウントの作成方法などThe Sandbox(サンドボックス)の始め方に関する情報は、以下の記事で解説しています。

>>The Sandbox(サンドボックス)の始め方[遊び方も解説]

「The Sandboxでどうやって稼ぐの?収益化方法を知りたい!」という方は、以下の記事をご覧ください。

>>The Sandboxでお金を稼ぐ方法|収益化方法・稼ぎ方を5つ紹介[サンドボックス]

②Decentraland(ディセントラランド)

Decentraland(ディセントラランド)も注目されているメタバースの1つです。

Decentraland(ディセントラランド)で使用される仮想通貨「MANA」は、メタバース関連銘柄の中で時価総額が上位の銘柄です。

アバターを作る流れは以下のとおりです。

①公式ホームページにアクセス

まずは、Decentralandの公式ホームページにアクセスしましょう。

アクセスしたら「GET STARTED」をクリックします。

②メタマスクを接続する

ウォレットを接続する画面になるので、左にある「Play using your wallet」をクリックします。

③アバターを作成する

ウォレットを接続できると、アバター作成画面に移動します。

アバターを作成していきましょう。

上の「BODY」や「HEAD」を押して見た目を変更できます。

お気に入りのアバターができたら、右下にある「DONE」をクリックします。

Decentraland(ディセントラランド)については以下の記事でも解説しているので、興味がある方はご覧ください。

>>Decentraland(ディセントラランド)の始め方・遊び方を解説

③XANA(ザナ)

XANA(ザナ)は、メタバース内でビジネス・ゲーム・エンタメを楽しむことを目的として作られています。

また、時価総額が高い『Decentraland(ディセントラランド)』や『The Sandbox(サンドボックス)』よりもリアルなメタバース空間を目指しています。

XANA(ザナ)でアバターを作る流れは、以下のとおりです。

①スマホ用のアプリをダウンロードする

まずはXANA公式ホームページからアプリをダウンロードしましょう。

②アプリを開いて遊ぶ

あとは、アプリを開くと画面上部にアバターが表示されています。

左側にある「着せ替え」をクリックして、お気に入りのアバターを作りましょう。

XANA(ザナ)については、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

>>XANA(ザナ)とは?特徴・始め方・稼ぎ方・将来性を徹底解説![メタバース]

メタバースのアバターでできること

メタバースのアバターを使ってできることを紹介します。

  • メタバースプラットフォーム・ゲーム内で使う

メタバースプラットフォーム・ゲーム内で使う

作成したアバターはメタバースプラットフォーム・ゲーム内で使うことができます。

メタバースでは例えば以下のことができます。

  • 仮想空間を探索する
  • 他のユーザーと交流する
  • イベントに参加する

自分で作ったアバターを使って、仮想空間の探索や他のユーザーとの交流ができます。

お気に入りのアバターで、メタバースをより深く楽しみましょう。

メタバースのアイテム&ゲームの作り方

メタバースでは、アバターだけでなく、アバターが身につける服などのアイテムやゲームを作ることもできます。

多くのメタバースが、アイテムなどを作るための独自のツールを提供していて、初心者でもアイテム作りに挑戦しやすい環境が用意されています。

作ったアイテムは、メタバース内で自分が使うこともできますし、他のユーザーに販売して稼ぐこともできます。

メタバース内でゲームを作る場合は、自分が所有している土地でゲームを提供し、入場料を取るといった稼ぎ方ができます。

↓メタバースの土地の購入方法を解説している記事はこちら↓

>>メタバースの土地を購入する方法・買い方を解説【価格も紹介】[初心者向け]

①The Sandbox(サンドボックス)の場合のやり方

The Sandbox(サンドボックス)では、『Vox Edit(ボックスエディット)』というツールを使って、アイテムやキャラクターを作れます。

レゴを組み立てるように、正方形を組み合わせて創作を楽しむことができます。

プログラミングなどの専門知識がなくても、比較的簡単に創作できるのが特徴です。

『Vox Edit(ボックスエディット)』は公式ホームページからダウンロードして使えます。

また、ゲームを作るための『Game Maker(ゲームメイカー)』というツールも用意されています。

ゲームには、『Vox Edit(ボックスエディット)』で作られたアイテムやキャラクターを利用できます。

②Decentraland(ディセントラランド)の場合のやり方

Decentraland(ディセントラランド)では、『Builder』や『The Decentraland SDK』といったツールが提供されています。

『Builder』のほうが、シンプルで初心者向きのツールです。

↓『Builder』のチュートリアル動画です。

『Builder』は、Decentraland(ディセントラランド)の公式ホームページにアクセスし、上部にある「BUILDER」をクリックして使用できます。

③XANA(ザナ)の場合のやり方

XANA(ザナ)では、『XANA Builder』というツールを使うことができます。

コーディングや3D設計の知識がなくてもデジタルコンテンツを作成できます。

メタバースのやり方・始め方

メタバースのやり方・始め方も簡単に紹介しておきます。

基本的には、次の順番でメタバースを始められます。

  1. 仮想通貨取引所の口座開設
  2. メタバースを選ぶ
  3. 仮想通貨を購入する
  4. 仮想通貨ウォレットへ送金する
  5. メタバースに登録する

仮想通貨取引所の口座を持っていない方は、口座開設しておきましょう。

初めて口座開設をする方は、『コインチェック』か『ビットフライヤー』を選びましょう。

どちらも多くの人が利用している取引所で、無料で簡単に口座開設できます。

手数料をおさえてイーサリアムを購入できる『ビットフライヤー』がおすすめです。

メタバースのやり方・始め方は、以下の記事で詳しく解説しているので、参考にしてください。

>>【体験する?】メタバースのやり方・始め方[プラットフォームも紹介]

メタバースの稼ぎ方

メタバースには、以下のような稼ぎ方があります。

  1. メタバースのゲームで稼ぐ
  2. メタバース内でアルバイトをする
  3. メタバース関連の仮想通貨銘柄に投資する
  4. メタバース内の土地を売る・貸す
  5. デジタルアイテムを仕入れて転売する
  6. デジタルアイテムを作って売る
  7. メタバースの情報を発信する
  8. メタバースのスキルを身につけて稼ぐ

今回紹介したツールを使ってデジタルアイテムを作成して販売し、稼ぐことも可能です。

興味がある方は挑戦してみてください。

メタバースの稼ぎ方については、以下の記事で詳しく解説しているので、参考にしてください。

>>メタバースで稼ぐには?メタバースの稼ぎ方を紹介[初心者でも大丈夫]

まとめ:メタバースでまずはアバターを作ってみよう

今回は、次の内容をお伝えしました。

メタバースでは、自分のお気に入りアバターを作成して仮想空間を探検したり、他のユーザーと交流することができます。

アバターの作成は、非常に簡単なので、まずはメタバースでアバターを作ってみてください。

なお、メタバースのNFTゲームで遊んで稼ぐには、仮想通貨取引所の口座が必要になります。

コインチェック』や『ビットフライヤー』で口座開設しておきましょう。

手数料をおさえてイーサリアムを購入できる『ビットフライヤー』がおすすめです。

それでは、最後までお読みくださり、ありがとうございました。