NFT

XANA(ザナ)とは?特徴・始め方・稼ぎ方・将来性を徹底解説![メタバース]

XANA(ザナ)について詳しく知りたいな……特徴や始め方を教えてほしい!

今回は、こんなお悩みにお答えしていきます。

2021年に『Facebook(フェイスブック)』が社名を『Meta(メタ)』に変更するなど、メタバースに注目が集まっています。

そんなメタバースの中でも今後が楽しみなメタバースプロジェクトの1つが『XANA(ザナ)』です。

今回は、『XANA(ザナ)』の特徴・始め方・稼ぎ方・将来性などを解説していきます。

初心者の方にも分かりやすく解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

なお、『XANA(ザナ)』で稼ぐには、仮想通貨取引所の口座が必要です。

こうし

初心者の方には、手数料を抑えてイーサリアム(ETH)を購入できる『ビットフライヤー』がおすすめです。

『XANA(ザナ)』で稼ぎたい方は、『ビットフライヤー』の口座を開設しておきましょう。

XANA(ザナ)とは?

『XANA(ザナ)』は、メタバース時代のために作られたブロックチェーンベースのプラットフォームです。

NOBORDER.z(ノーボーダーズ)が開発しているメタバースのプロジェクトです。

メタバース内でビジネス・ゲーム・エンタメを楽しむことを目的として作られています

また、時価総額が高く注目されている『Decentraland(ディセントラランド)』や『The Sandbox(サンドボックス)』よりもリアルなメタバース空間を目指しています。

さらに、遊んで稼げる「Play to Earn」に加え、作って稼ぐ「Create to Earn」の仕組みも導入しているメタバースです。

XANA(ザナ)の特徴

『XANA(ザナ)』の特徴は次のとおりです。

順番に解説していきます。

①マルチデバイス対応

出典:XANA公式ホームページ

『XANA(ザナ)』の特徴の1つが、マルチデバイス対応です。

他のメタバースプラットフォーム・ゲームは、次のような問題を抱えている場合があります。

  • スマホで遊べない
  • VRデバイスに対応していない

『XANA(ザナ)』は「スマホ」「パソコン」「VRデバイス」で遊べるようになっています。

マルチデバイス対応により、多くの人が『XANA(ザナ)』を楽しむことができます。

②独自マーケットプレイス『XANALIA』

出典:https://www.xanalia.com/ja

『XANA(ザナ)』は独自のNFTマーケットプレイス『XANALIA』を展開しています。

『XANALIA』で販売されているNFTは、『XANA(ザナ)』のメタバース上でも使用できます。

『XANALIA』は、日本でも注目されているNFTマーケットプレイスの1つです。

『ULTRAMAN』や『鉄腕アトム』など、日本のアニメとコラボレーションしたNFTを購入することも可能です。

日本語対応しているのも嬉しいポイントです!

>>XANALIAの使い方を解説[仮想通貨ALIA・XANAマーケットプレイス]

③マルチチェーン対応

出典:https://www.xanalia.com/ja

『XANA(ザナ)』の特徴として、NFTマーケットプレイス『XANALIA』がマルチチェーンに対応していることも挙げられます。

『XANALIA』は以下の3つのブロックチェーンに対応しています。

  • イーサリアム
  • バイナンス
  • ポリゴン

マルチチェーンに対応しているため、手数料を抑えてNFTを取引することができます。

④メタバース内でカードバトルができる『NFT DUEL』

『XANA(ザナ)』では、トレーディングカードで対戦できる『NFT DUEL』が実装される予定です。

メタバース内で使えるNFT化されたトレーディングカードを使って戦うことができます。

使用するカードは、『XANALIA』などのマーケットプレイスで買うことが可能です。

⑤Create to Earnを採用

『XANA(ザナ)』は、「Create to Earn」の仕組みを採用しているのも特徴的です。

ゲームで遊んで稼ぐ「Play to Earn」だけでなく、ユーザーがNFTを作成して仮想通貨を稼げるようになっています。

例えば、アバター用のウェアラブルNFTを作成して他のユーザーに販売することができます。

⑥公式サイトが日本語対応

出典:XANA公式ホームページ

『XANA(ザナ)』の公式ホームページが日本語対応しているのも特徴の1つです。

また、『XANALIA』も日本語対応しています。

多くのメタバースプロジェクトのホームページなどは英語表記のみですが、日本語表記してくれているので、情報が得やすくなっています。

⑦仮想通貨は「ALIA」と「XETA」の2種類

『XANA(ザナ)』で使われる仮想通貨(トークン)は2種類あります。

  • ALIA(アリア):『XANALIA』で使えるトークン
  • XETA(ゼータ):『XANA(ザナ)』のガバナンストークン

2022年7月時点では、仮想通貨「ALIA(アリア)」は、分散型取引所『PancakeSwap』で入手できます。

また、『XANA(ザナ)』のガバナンストークンである「XETA(ゼータ)」は、海外取引所『バイビット』などで購入できます。

XANA(ザナ)の始め方

『XANA(ザナ)』は、スマホ用のアプリが公開されているため、以下の手順で始めることができます。

  1. スマホ用のアプリをダウンロードする
  2. アプリを開いて遊ぶ

①スマホ用のアプリをダウンロードする

まずはXANA公式ホームページからアプリをダウンロードしましょう。

②アプリを開いて遊ぶ

あとは、アプリを開いて遊ぶことができます。

画面上部にアバターが表示されています。

画面下部には、「メタギャラリー」など遊べるメタバースが表示されています。

試しに「メタギャラリー」を選んでみると、メタバース内にNFTアートが展示されている空間を楽しむことができました。

XANA(ザナ)の稼ぎ方

次に、『XANA(ザナ)』の稼ぎ方を見てみましょう。

基本的な稼ぎ方は、以下のとおりです。

  1. 『XANA(ザナ)』に投資する
  2. ゲームをプレイする
  3. 土地を活用する
  4. デジタルアイテムを作って販売する

①『XANA(ザナ)』に投資する

『XANA(ザナ)』に投資することで、稼ぐことができます。

具体的には、『XANA(ザナ)』の土地(ランド)、『XANA(ザナ)』の仮想通貨(「ALIA」「XETA」)に投資することで、稼ぐことが可能です。

メタバースの土地を買うには、基本的に最低でも数十万円が必要になるので、仮想通貨への投資が初心者にはおすすめです。

メタバースの土地を購入したい方は、下の記事もあわせてご覧ください。

>>メタバースの土地を購入する方法・買い方を解説【価格も紹介】[初心者向け]

また、『XANA(ザナ)』以外のメタバース関連の仮想通貨に興味がある方は、下の記事でおすすめを紹介しています。

>>【買い方も解説】メタバース関連の仮想通貨おすすめ銘柄を紹介

②ゲームをプレイする

『XANA(ザナ)』では、GameFi『NFT DUEL』をプレイして稼ぐことができます。

他のプレイヤーに勝つなどの条件を満たすことで、仮想通貨を稼ぐことができます。

また、将来的には、その他の「Play to Earn」ゲームが登場する予定なので、今後が楽しみです。

③土地を活用する

他のメタバースと同じで『XANA(ザナ)』でも、所有している土地を貸して稼げます。

イベントを開催したり広告を掲載したいユーザーに土地を貸すことで賃料を得ることができます。

また、自分でイベントを開催して集客し、入場料を取って稼ぐ方法もあります。

④デジタルアイテムを作って販売する

『XANA(ザナ)』では、「Create to Earn」が採用されています。

ユーザーが自分でデジタルアイテムを作って販売し、稼ぐことができます。

アバター用の服を作ったり、NFTアートを作って他のユーザーに売ることが可能です。

XANA(ザナ)の仮想通貨を買う方法

『XANA(ザナ)』で使われる仮想通貨(トークン)の買い方を紹介します。

こうし

今のうちに『XANA(ザナ)』の仮想通貨に投資しておくことで、大きく稼げるかもしれません。

『XANA(ザナ)』で使われる仮想通貨は次の2種類です。

  • ALIA(アリア):『XANALIA』で使えるトークン
  • XETA(ゼータ):『XANA(ザナ)』のガバナンストークン

「ALIA」の買い方

仮想通貨「ALIA」は次のステップで購入できます。

①国内取引所の口座開設

初心者の方は、有名な『コインチェック』や『ビットフライヤー』で口座開設しておきましょう。

手数料をおさえてイーサリアムを購入したい方には、『ビットフライヤー』がおすすめです。

うまくできるか不安な方は、下の記事で詳しく解説しているので、参考にしてください。

【完全無料】bitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設する手順【初心者向け】 『bitFlyer(ビットフライヤー)』で口座開設をしたいから、やり方を詳しく知りたい そんな方に向けて、『bitFlyer...

②海外取引所の口座開設

次に、海外取引所の口座開設をしましょう。

口座開設するのは、『バイナンス』という取引所です。

バイナンスで口座開設する理由

バイナンス』は人気がある取引所で、取引高も世界1位です。

また、「ALIA」を購入するのに必要な「BNB」を購入できる取引所です。

>>【公式】バイナンスの口座を開設する

※上記リンクから開設していただくと、手数料が永久10%オフの特典があります。

③仮想通貨を購入して送金

ビットフライヤー』と『バイナンス』で口座開設できたら、次のステップです。

『ビットフライヤー』で仮想通貨を購入して、『バイナンス』に送金します。

購入する金額は、数千円でも大丈夫です。

「ビットフライヤーに入金する方法が分からない」という方は、下記の記事を参考にしてください。

【初心者向け】イーサリアムをビットフライヤーの取引所で買う方法を解説 『ビットフライヤー』でイーサリアムを買いたいけど、取引所での買い方が分からない…… 今回は、そんなお悩みをお持ちの方に向けて...

『ビットフライヤー』で購入する仮想通貨は、「ステラルーメン」か「リップル」を選びましょう。

なぜなら、送金手数料が無料で、送金時間も短いからです。

こうし

私自身は、海外取引所への送金には「ステラルーメン」をよく使います。

  • 仮想通貨を購入する際は、手数料が安い『bitFlyer Lightning』を利用しましょう。
  • 販売所で仮想通貨を購入すると、多額の手数料をとられてしまいます。
『bitFlyer Lightning』で購入する方法

手数料が安い『bitFlyer Lightning』で仮想通貨を購入する方法を解説します。

まずは、『ビットフライヤー』にログインし、左側にある『bitFlyer Lightning』を選びます。

※『bitFlyer Lightning』の画面にいくと音がでるので、ご注意ください。

『bitFlyer Lightning』の画面に移動したら、検索欄から「XLM/JPY」を選びます。

※この記事では、「XLM(ステラルーメン)」の解説をしていますが、「XRP(リップル)」も送金手数料は無料です。

念のため、「XLM/JPY」をちゃんと選べているか確認しておきましょう。

仮想通貨の購入は、板情報の右側にある欄でできます。

まずは「成行」を選び、買いたい数量を入力したら、「買い」を選びます。

※「指値」でもいいですが、ここでは簡単かつ取引も早く完了する「成行」を選んでいます。

  • 買いたい数量を入力すると、その下に予想価格と手数料が表示されるので確認しておきましょう。

確認画面になるので「買い」を選びましょう。

これで、『ビットフライヤー』で「ステラルーメン(XLM)」を購入できました。

バイナンスに送金する方法

『ビットフライヤー』で「ステラルーメン(XLM)」を購入できたら、『バイナンス』に送金しましょう。

送金は次のステップでできます。

  1. 『バイナンス』で入金アドレスを確認する
  2. 『ビットフライヤー』にアドレスを登録する
  3. 購入した仮想通貨を『バイナンス』に送金する

アドレス登録が分かりにくいかもしれないので、初めての方は下記の記事を参考にしてください。

【手数料無料】ビットフライヤーからバイナンスへ送金する方法[画像つき]「ビットフライヤーからバイナンスへ仮想通貨を送りたい」という方に向けて、手数料無料で送金する方法を画像つきで解説します。この記事を読めば、無駄な手数料を払わずにバイナンスに入金できます。...

④「BNB」を購入する

『バイナンス』に入金ができたら、「BNB」を購入していきましょう。

「BNB」って何?
  • 「BNB」とは「バイナンスコイン」という仮想通貨です。
  • 「BNB」を『PancakeSwap』に送れば、「ALIA」を購入できます。
  • 「BNB」は『PancakeSwap』利用時の手数料の支払いにも必要です。
「XLM」を売り、「BNB」を入手する

まずは、入金した「ステラルーメン(XLM)」を売って、「BNB」を入手していきます。

バイナンス』にログインし、「トレード」→「現物」と選びます。

トレード画面になるので、検索欄に「xlm」と入力して表示される「XLM/BNB」を選択しましょう。

念のため、「XLM/BNB」の画面になっているか確認しておきましょう。

チャートの下にある「成行」を選びます。

「ステラルーメン(XLM)」を売りたい数量を入力し、「売却XLM」を選びます。

これで、「BNB」を入手できました。

⑤『メタマスク』の設定をする

次は、『メタマスク』という仮想通貨ウォレットを準備していきます。

『メタマスク』のインストール

下記のステップで、インストールができます。

  1. メタマスクをインストールする
  2. パスワードを設定する
  3. シークレットリカバリーフレーズを確認する

>>メタマスクにアクセスする

メタマスクには偽サイトもあるので注意しましょう。上記のリンクは安全です。

画像つきの詳しい説明を下記の記事でしているので、参考にしてください。

【初心者向け】メタマスクの始め方・入金方法を徹底解説!【画像つき】 メタマスクの始め方を知りたいな……分かりやすく画像で教えてくれると助かります…… 今回は、こんなお悩みに答えていきます。 ...

設定ができたら、『メタマスク』に「バイナンススマートチェーン(BSC)」を追加します。

※「BNB」を『メタマスク』に送金するために必要になります。

バイナンススマートチェーンの追加

メタマスクを開き、「イーサリアムメインネット」→「ネットワークを追加」の順に選びます。

ネットワークを追加する画面になるので、「ネットワーク名」など5箇所を入力します。

入力内容は下記のとおりです。コピペしてください。

  • ネットワーク名:BSC Mainnet
  • 新しいRPC URL:https://bsc-dataseed1.binance.org/
  • チェーンID:56
  • 通貨記号:Bnb
  • ブロックエクスプローラーのURL:https://bscscan.com/

すでに設定している私の画像も参考にのせておきます。

全て入力できたら、「保存」を押して設定完了です。

⑥『メタマスク』に「BNB」を送金

『メタマスク』の設定ができたら、送金を行います。

まずは、『バイナンス』の画面で、「ウォレット」→「フィアットと現物」を選びます。

先ほど手に入れた「BNB」の右側にある「出金」を選びます。

出金の画面を開けたらOKです。

アドレスを入手するため、『メタマスク』を開きます。

「BSC Mainnet」を選んだあと、アドレスをコピーします。

『バイナンス』の画面に戻り、『メタマスク』のアドレスをペーストします。

ネットワークは「BSC」を選び、送金したい額を入力したら「出金」を選びます。

確認画面が表示されるので「承認」を選びます。

「次へ」を押して、アンケートに答えましょう。

アンケートが終わると、「リスク免責事項」の画面になります。

2箇所チェックを入れ、「送信」を選びます。

送信画面に進むため、「OK」を選びましょう。

アドレスやネットワークを確認して「次へ」を選びます。

「セキュリティ認証」の画面になるので、「メール認証コード」と「認証コード」をそれぞれ入力し、「提出」をクリックします。

これで、送金の手続きが完了しました!

『メタマスク』に「BNB」が届くのを待ちましょう。

※私の場合、10分ほど待って『メタマスク』を確認したら送金できていました。

⑦『PancakeSwap』に『メタマスク』を接続して「ALIA」を購入

次は、『PancakeSwap』に『メタマスク』を接続します。

まずは、『PancakeSwap』にアクセスします。

>>『PancakeSwap』にアクセスする

アクセスできたら、「ウォレットを接続」を選びます。

※表示言語を日本語にかえるのは、歯車マークの左にある地球マークを押して「日本語」を選ぶとできます。

『Metamask(メタマスク)』を選び、『PancakeSwap』に接続します。

あとは『PancakeSwap』で、「Trade」→「Swap」と選んで、「BNB」を「ALIA」に交換することができます。

「XETA」の買い方

ガバナンストークンである「XETA」は、海外取引所『バイビット』などで購入できます。

「XETA」は、次の流れで購入できます。

  1. 国内取引所で口座開設する
  2. 国内取引所で仮想通貨を購入する
  3. 『バイビット』で口座開設する
  4. 国内取引所から『バイビット』へ送金する
  5. 『バイビット』で「XETA」を購入する

国内取引所の口座開設を初めてする方は、利用者数が多い『ビットフライヤー』がおすすめです。

『ビットフライヤー』なら『バイビット』へステラルーメンやリップルを無料で送金できるという魅力もあります。

詳しい買い方については、以下の記事で解説しているので、ぜひご覧ください。

>>【簡単】XANAの仮想通貨「XETA」の買い方・購入方法を解説【メタバース】

XANA(ザナ)の将来性

『XANA(ザナ)』の将来性に期待できるポイントを紹介します。

  • 有名企業と提携している
  • 行政とコラボした実績あり
  • ロードマップを公開している

 順番に解説します。

有名企業と提携している

出典:XANA公式ホームページ

XANAは、これまで様々な企業とパートナーシップを締結しています。

人気キャラクターである『ULTRAMAN』や『鉄腕アトム』とコラボしたNFTも発行しています。

『WEB TV ASIA』とパートナーシップを結び、メタバースコンテンツを制作する点も期待できます。

[参考]【アジア最大】Youtuber企業「WebTVAsia」がXANAとコラボ決定!

行政とコラボした実績あり

東京都江東区とのコラボレーションで、アート展を開催した実績もあります。

NOBORDER.zが、江東区周辺の障がいを持つアーティストが制作したアート作品を展示するアート展を開催しました。

[参考]日本の東京都江東区がXANAで最も臨場感のあるアート展を開催

ロードマップを公開している

出典:XANA公式ホームページ

明確なロードマップを公開しているのも将来性に期待できるポイントの1つです。

2022 Q2
  • NFTコレクション第1弾ローンチ
  • AIシステムα版発売
  • NFTDUELプライベートα版ローンチ
  • ランドのプライベートセール
  • より多くのIPとのコラボレーション
  • XANA Chainテストネット運用開始
2022 Q3
  • デスクトップ版メタバースαローンチ
  • ワールドビルダー αローンチ
  • NFTDUELのパブリックα版ローンチ
  • ランドのパブリックセール
  • より多くのIPとのコラボレーション
  • XANA Chainメインネット運用開始
2022 Q4
  • VR版メタバース パブリックα
  • ゲームビルダー αローンチ
  • より多くのIPとのコラボレーション
  • 追加のゲームタイトルローンチ
  • ランドの追加パブリックセール

2022年内にどんどんアップデートされるので、今後に要注目です。

XANA(ザナ)の始め方に関するよくある質問

ここでは、『XANA(ザナ)』の始め方に関するよくある質問にお答えします。

  • 無料で始められますか?
  • スマホで遊べますか?
  • 仮想通貨の買い方は?

無料で始められますか?

はい、無料で始めることができます。

スマホで遊べますか?

はい、遊べます。

iOS版とAndroid版の両方が提供されています。

今後は、デスクトップ版やVR版も提供される予定です。

仮想通貨は購入できる?

『XANA(ザナ)』のガバナンストークン「XETA」は、まだ取引所で購入できません。

『XANA(ザナ)』のガバナンストークン「XETA」を欲しい方は、今のうちに仮想通貨取引所で口座開設しておくのがおすすめです。

また、『XANALIA』で使用される仮想通貨「ALIA」は購入できます。

まとめ:XANAを始めてみよう

今回は、次の内容をお伝えしました。

メタバースの中でも、今後の成長が楽しみなプラットフォームの1つが『XANA(ザナ)』です。

今後は、『NFT DUEL』などの実装により、さらに人気がでる可能性が高く、要注目です。

今のうちに『XANA(ザナ)』を始めてみたり、情報収集しておきましょう。

なお、改めてお伝えしますが、『XANA(ザナ)』などのブロックチェーン系メタバースで稼ぐには、仮想通貨取引所の口座が必要です。

また、ランドセールや『NFT DUEL』が実装された際に出遅れないように、仮想通貨の購入に慣れておくことも大切です。

『XANA(ザナ)』で稼ぎたい方は、『ビットフライヤー』の口座を開設して、仮想通貨を購入してみましょう。

審査に時間がかかる場合もあるので、口座開設だけでもしておくのがおすすめです!

メタバースについて理解を深めたい方は、以下の記事もぜひご覧ください。

【簡単】メタバースのやり方・始め方を解説[プラットフォームも紹介]【初心者向け】「メタバースのやり方を詳しく知りたい」という方に向けて、メタバースの特徴・やり方・始め方などを解説しています。おすすめのプラットフォームも紹介しているので、体験してみる際に役立ちます。...

また、メタバースには、様々な稼ぎ方があります。

以下の記事でメタバースで稼ぐ方法をお伝えしているので、興味がある方はご覧ください。

メタバースで稼ぐには?メタバースの稼ぎ方を紹介[初心者でも大丈夫]「メタバースに興味がある!今のうちから挑戦して稼ぎたい」という方に向けて、メタバースで稼ぐ様々なやり方を解説します。この記事を読んで、興味がある稼ぎ方をぜひ試してみてください。...