NFT

XANALIAの使い方を解説[仮想通貨ALIA・XANAマーケットプレイス]

NFTマーケットプレイス「XANALIA(ザナリア)」を使ってみたいな……仮想通貨ALIAのことも知りたい!

今回は、こんなお悩みにお答えします。

この記事で分かること
  • XANALIA(ザナリア)の特徴
  • XANALIA(ザナリア)の始め方・使い方
  • XANALIA(ザナリア)の仮想通貨ALIA(アリア)について

メタバース『XANA(ザナ)』を運営している企業『NOBORDER.z(ノーボーダーズ)』が開発しているNFTマーケットプレイスが、「XANALIA(ザナリア)」です。

NFTに注目が集まる中、「NFTマーケットプレイスの1つであるXANALIA(ザナリア)のことを知りたい!」という方もいるかと思います。

そこで、この記事では、「XANALIA(ザナリア)」の特徴・始め方・使い方を解説していきます。

なお、「XANALIA(ザナリア)」を活用するには、仮想通貨取引所で口座開設し、仮想通貨を購入する必要があります。

口座開設がまだのかたは、『ビットフライヤー』で口座を開設しておきましょう。

『ビットフライヤー』なら、手数料を抑えてイーサリアムを購入できるだけでなく、ステラルーメンやリップルの送金手数料が無料です。

XANALIA(ザナリア)とは?

XANALIA(ザナリア)は、NFTの取引ができるNFTマーケットプレイスの1つです。

注目メタバース『XANA(ザナ)』を運営している企業『NOBORDER.z(ノーボーダーズ)』が開発し、XANALIA Limitedが運営を行っています。

ちなみに、XANALIA(ザナリア)の仮想通貨(トークン)は、「ALIA(アリア)」です。

XANALIA(ザナリア)は、2021年7月に世界取引高ランキング8位を記録しており、注目されていることが分かります。

また、日本マーケティングリサーチ機構の調査の結果、『期待のNFTマーケットプレイスNo.1』を獲得しています。

[参考]次世代型NFTマーケットプレイスXANALIA(ザナリア)が日本マーケティングリサーチ機構の調査で3冠を獲得しました!

XANALIA(ザナリア)は、メタバース『XANA(ザナ)』と連携している点も特徴的です。

『XANALIA NFTART AWARDS 2021』の受賞作品を含む50作品が、『XANA(ザナ)』内にある「メタギャラリー」に展示されており、鑑賞することができます。

『XANA(ザナ)』について

『XANA(ザナ)』は、メタバース時代のために作られたブロックチェーンベースのプラットフォームです。

NOBORDER.z(ノーボーダーズ)が開発しているメタバースのプロジェクトになります。

時価総額が高い『The Sandbox(サンドボックス)』などに比べ、よりリアルなメタバース空間を目指しており、今後が期待されているメタバースです。

>>XANA(ザナ)とは?特徴・始め方・稼ぎ方・将来性を徹底解説![メタバース]

ちなみに、『XANA(ザナ)』の仮想通貨(トークン)は「XETA(ゼータ)」です。

>>【簡単】XANAの仮想通貨「XETA」の買い方・購入方法を解説【メタバース】

XANALIA(ザナリア)の特徴

NFTマーケットプレイス「XANALIA(ザナリア)」には以下の特徴があります。

  • 非中央集権化
  • 高コストパフォーマンス
  • AR・VR対応

非中央集権化

「XANALIA(ザナリア)」では、ブロックチェーン技術を活用したDEXNFTマーケットプレイスを提供しています。

そのため、より安全で迅速な方法でNFTの取引が可能となっています。

高コストパフォーマンス

「XANALIA(ザナリア)」は、イーサリアム(ETH)ネットワークだけでなく、バイナンススマートチェンやポリゴンネットワークも採用しています。

そのため、手数料をおさえて利用することができます。

AR・VR対応

「XANALIA(ザナリア)」は、AR-VR技術を活用しているのも特徴的です。

これまでと比べ、仮想空間内でNFTをよりリアルに楽しむことができます。

XANALIA(ザナリア)の始め方・使い方

XANALIA(ザナリア)の始め方・使い方は、以下のとおりです。

  1. 仮想通貨取引所の口座開設
  2. 仮想通貨を購入
  3. メタマスクを作成
  4. メタマスクに仮想通貨を送金
  5. XANALIA(ザナリア)でNFTを購入

順番に解説します。

手順①:仮想通貨取引所の口座開設

まずは、国内取引所で口座開設をしましょう。

ステラルーメンやリップルを手数料無料で送金できる『ビットフライヤー』がおすすめです。

また、手数料をおさえてイーサリアムを買えるというメリットもあります。

口座開設は、無料で簡単にできます。

うまくできるか不安な方は、下の記事で詳しく解説しているので、参考にしてください。

>>【完全無料】bitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設する手順【初心者向け】

国内取引所の口座開設が終わったら、海外取引所の口座も開設しておきましょう。

バイビット』で口座開設すると、「XANALIA(ザナリア)」を利用する際に必要な「BNB」や「MATIC」だけでなく、XANAの仮想通貨「XETA(ゼータ)」も買えます。

口座開設は簡単ですが、うまくできるか不安な方は、以下の記事を参考にしてください。

>>【簡単3ステップ】海外取引所Bybit(バイビット)の口座開設手順を解説

手順②:仮想通貨を購入

口座開設が完了したら、「BNB」や「MATIC」を購入しましょう。

購入の流れは、次のとおりです。

  1. ビットフライヤーでステラルーメンを購入
  2. バイビットにステラルーメンを送金
  3. バイビットでステラルーメンを売ってテザーを入手
  4. バイビットでテザーを売って「BNB」or「MATIC」を入手

①ビットフライヤーでステラルーメンを購入

まずは、『ビットフライヤー』でステラルーメン(XLM)を購入しましょう。

  • 仮想通貨を購入するためには、事前に入金が必要です。
  • 「入金する方法が分からない」という方は、以下の記事を参考にしてください。

>>【初心者向け】イーサリアムをビットフライヤーの取引所で買う方法を解説

  • ステラルーメンを購入する際は、手数料が安い『bitFlyer Lightning』を利用しましょう。
  • 販売所で仮想通貨を購入すると、多額の手数料をとられてしまいます。

以下の記事で、画像を使いながら買い方を詳しく説明しているので、参考にしてください。

>>【簡単】XANAの仮想通貨「XETA」の買い方・購入方法を解説【メタバース】

②バイビットにステラルーメンを送金

次は、『ビットフライヤー』から『バイビット』にステラルーメン(XLM)を送金しましょう。

送金の流れは、次のとおりです。

  1. 『バイビット』で送金に必要なアドレスを入手する
  2. 『ビットフライヤー』で『バイビット』の送金アドレスを登録する
  3. 『ビットフライヤー』から『バイビット』へ送金する

アドレスの入手や登録など、初めてだと難しい部分があるので、以下の記事で詳しく解説しています。

>>【初心者向け】ビットフライヤーからバイビットへ送金する方法

  • アドレス登録の際は、手打ちだと間違える可能性があるので、コピー&ペーストしましょう。
  • 送金がうまくいくか不安な場合は、まずは少額だけ送金してみましょう。

③バイビットでステラルーメンを売ってテザーを入手

『バイビット』への送金がうまくできたら、今度は、送金した「ステラルーメン(XLM)」を売って、「テザー(USDT)」を購入します。

「テザー(USDT)」を購入する理由
  • 「ステラルーメン(XLM)」を売っていきなり「BNB」や「MATIC」を買えないからです。

「テザー(USDT)」を買う流れは、以下の記事で詳しく解説しています。

>>【簡単】XANAの仮想通貨「XETA」の買い方・購入方法を解説【メタバース】

④バイビットでテザーを売って「BNB」or「MATIC」を入手

「テザー(USDT)」を入手できたら、今後は「BNB」や「MATIC」を手に入れます。

検索欄に、「BNB」や「MATIC」と入力し、「BNB/USDT」or「MATIC/USDT」を選んで、購入できます。

以下の記事で「XETA」の買い方を紹介していますが、同様の手順で購入できます。

>>【簡単】XANAの仮想通貨「XETA」の買い方・購入方法を解説【メタバース】

手順③:メタマスクを作成

さて、仮想通貨を用意できたら、次は仮想通貨ウォレットを用意しましょう。

おすすめは、『メタマスク』です。

『メタマスク』のインストール方法は、以下の記事で詳しく解説しています。

>>【初心者向け】メタマスクの始め方・入金方法を徹底解説!【画像つき】

『メタマスク』のインストールが完了したら、「BNB」や「MATIC」を送金する前にネットワークの追加が必要です。

「BNB」を送金する場合は、「バイナンススマートチェーン(BSC)」を追加しましょう。

バイナンススマートチェーンの追加方法

①メタマスクの画面から「イーサリアムメインネット」→「ネットワークを追加」の順に選びます。

ネットワークを追加する画面になるので、「ネットワーク名」など5箇所を入力します。

入力内容は下記のとおりです。コピペしてください。

  • ネットワーク名:BSC Mainnet
  • 新しいRPC URL:https://bsc-dataseed1.binance.org/
  • チェーンID:56
  • 通貨記号:Bnb
  • ブロックエクスプローラーのURL:https://bscscan.com/

すでに設定している私の画像も参考にのせておきます。

全て入力できたら、「保存」を押して設定完了です。

「MATIC」を送金する場合は、「ポリゴンネットワーク」を追加しましょう。

「ポリゴンネットワーク」の追加手順は、以下の記事を参考にしてください。

※BLOKTOPIA(ブロックトピア)のステーキング手順のところで解説しています。

>>【ステーキングも解説】BLOKTOPIA(ブロックトピア)の特徴・買い方は?

手順④:メタマスクに仮想通貨を送金

『メタマスク』にネットワークの追加までできたら、今度は「BNB」や「MATIC」を『メタマスク』に送金します。

『バイビット』から『メタマスク』に送金する方法は、以下の記事を参考にしてください。

※「メタバース関連銘柄「エバードーム(DOME)」をステーキングする方法」のところで解説しています。

>>【メタバース銘柄】エバードーム(DOME)をステーキングする方法[初心者向け]

手順⑤:XANALIA(ザナリア)でNFTを購入

『メタマスク』の送金が完了したら、「XANALIA(ザナリア)」の公式ホームページにアクセスしましょう。

>>「XANALIA(ザナリア)」公式ホームページ

アクセスできたら、右上のアイコンをクリックします。

次に「メタマスク」をクリックして、接続を進めます。

『メタマスク』を接続できたら、あとは欲しいNFTを購入してください。

XANALIA(ザナリア)の仮想通貨ALIA(アリア)

XANALIA(ザナリア)のプラットフォームトークン(仮想通貨)は「ALIA(アリア)」というものです。

「ALIA(アリア)」は以下の場面で活用されるようです。

  • 将来的な決定をするためのプロジェクトガバナンス
  • NFTの取引
  • NFTなどの特別オファー

2022年7月時点では、国内取引所や海外取引所には上場しておらず、「ALIA(アリア)」を入手するには、分散型取引所を利用する必要があります。

分散型取引所『PancakeSwap』で「ALIA(アリア)」を入手する方法は、以下の記事で解説しています。

>>XANA(ザナ)とは?特徴・始め方・稼ぎ方・将来性を徹底解説![メタバース]

まとめ:XANALIA(ザナリア)を使ってみよう

今回は、以下の内容をお伝えしました。

  • XANALIA(ザナリア)の特徴
  • XANALIA(ザナリア)の始め方・使い方
  • XANALIA(ザナリア)の仮想通貨ALIA(アリア)について

XANA(ザナ)と連携を取りながら、「XANALIA(ザナリア)」は発展していくことが予想されます。

興味がある方は、ぜひ「XANALIA(ザナリア)」を使ってみてください。

あわせて、XANA(ザナ)で遊んでみたり、仮想通貨「XETA」に投資してみるのもおすすめです。

>>XANA(ザナ)とは?特徴・始め方・稼ぎ方・将来性を徹底解説![メタバース]

>>【簡単】XANAの仮想通貨「XETA」の買い方・購入方法を解説【メタバース】

なお、「XANALIA(ザナリア)」を活用したり、「XANA(ザナ)」で稼ぐには、仮想通貨取引所の口座が必要です。

口座開設がまだのかたは、『ビットフライヤー』で口座を開設しておきましょう。

『ビットフライヤー』なら、手数料を抑えてイーサリアムを購入できるだけでなく、ステラルーメンやリップルの送金手数料が無料です。