仮想通貨

【簡単】PancakeSwap(パンケーキスワップ)のスワップ方法【できない時やエラーの対処法】

PancakeSwap(パンケーキスワップ)でスワップしてみたい!

できない時やエラーの対処法も教えてほしいな……

PancakeSwap(パンケーキスワップ)でスワップに挑戦したいけれど、「初めて使うからうまくできるかな」と不安に感じている方もいると思います。

この記事の信頼性
  • 私自身、PancakeSwap(パンケーキスワップ)を何度も利用したことがあります。
  • 仮想通貨に自ら投資しながら、自分の体験をもとに情報発信しています。

この記事では私の経験をもとに、PancakeSwap(パンケーキスワップ)のスワップ方法について画像つきで詳しく解説していきます。

この記事を読めば、スワップ方法に加え、PancakeSwap(パンケーキスワップ)でスワップできない・エラーが出た時の対処法も理解できます

PancakeSwap(パンケーキスワップ)の利用に必要な仮想通貨BNBを用意する際は、バイナンス(Binance)を利用しましょう。

バイナンスへの入金は、送金手数料を無料にできるビットフライヤーを使うのがおすすめです。

>>ビットフライヤーで口座開設する【無料】

PancakeSwap(パンケーキスワップ)の始め方・やり方は以下の記事にまとめています

スワップ以外に挑戦したい方は、以下の記事をご覧ください。

>>【2022年9月】PancakeSwap(パンケーキスワップ)の始め方・やり方[初心者向け]

PancakeSwap(パンケーキスワップ)で仮想通貨をスワップする方法

PancakeSwap(パンケーキスワップ)で仮想通貨をスワップする方法

PancakeSwap(パンケーキスワップ)で仮想通貨をスワップする方法を解説します。

スワップする手順は、以下の4つです。

手順①:パンケーキスワップとメタマスクを接続

パンケーキスワップとメタマスクを接続するため、パンケーキスワップのサイトにアクセスしてください。

>>PancakeSwap(パンケーキスワップ)にアクセスする

アクセスできたら、画面右上にある「ウォレットを接続(Connect Wallet)」をクリックします。

パンケーキスワップにウォレットを接続

接続するウォレットを選ぶ画面になるので「Metamask(メタマスク)」を選びます。

メタマスクを選ぶ

確認画面が表示されたら、画面の指示に従い接続を進めます。

ウォレットを接続できたら、右上に自分のウォレットアドレスが表示されます。

パンケーキスワップにメタマスクを接続できない場合は、以下の記事で対処法を紹介しているので、参考にしてください。

>>パンケーキスワップとメタマスクの接続方法を解説|できない時の対処法も紹介

手順②:スワップする仮想通貨を選択

次は、画面左上にある「トレード(Trade)」→「スワップ(Swap)」の順にクリックします。

パンケーキスワップでスワップを選ぶ

下のようなスワップの画面が表示されます。

初期設定では上に「BNB」、下に「CAKE」が表示されています。

「CAKE」以外の仮想通貨が欲しい場合は、「CAKE」をクリックします。

スワップ画面の下の欄にある仮想通貨を選ぶ

トークンを選択する画面が表示されたら、買いたい仮想通貨を探して選びます。

スワップしたい仮想通貨を探す

名前を検索しても見つからない草コインを買いたい場合は、CoinMarketCapからコントラクトアドレスを入手しましょう。

草コインの買い方を詳しく解説している記事があるので、参考にしてください。

>>【簡単】PancakeSwap(パンケーキスワップ)での草コインの買い方を解説

手順③:スワップする仮想通貨の数量を入力

スワップする仮想通貨を選んだら、数量を入力しましょう。

今回は、0.15BNBをCAKEにします。

パンケーキスワップのスワップ画面で数量を入力

ちなみに「最大」という文字を選ぶと、ウォレットにあるBNBの数量をすべて選ぶこともできます。

スワップ画面で最大を選ぶことも可能

ただしBNBは、スワップの手数料を支払うなど、BSC(バイナンススマートチェーン)を利用するために必要です。

全て使い切らずに、少量(0.1BNBなど)は仮想通貨ウォレットに残しておくようにしましょう。

上の欄に数量を入力すると、下の欄の数量は自動で入力されます。

スワップ画面の下の欄は自動入力

手順④:スワップをおこなう

数量の入力ができたら、下にある「スワップ(Swap)」を選びましょう。

パンケーキスワップの画面を確認してスワップ

確認画面がでるので、「スワップの確定」を選びます。

スワップの確定を選択

手数料(ガス代見積もり)が表示されるので、「確認」をクリックします。

※私の場合は、ガス代は0.00088BNBでした。

確認を選択

これで、スワップが完了しました。

スワップ完了

念のためメタマスクを開いて、スワップした仮想通貨が入っているか確認しておくと安心です。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)でスワップできない原因

PancakeSwap(パンケーキスワップ)でスワップできない原因

PancakeSwap(パンケーキスワップ)で仮想通貨をスワップする方法の順番で進めたけど、「スワップできない」という場合には、以下のような原因が考えられます。

  1. 手数料(ガス代)を支払うだけのBNBが仮想通貨ウォレットにない
  2. スリッページの許容度が狭い
  3. デバイス側の不具合
  4. そもそもスワップしたい仮想通貨が見つからない……

手数料(ガス代)を支払うだけのBNBが仮想通貨ウォレットにない場合は、メタマスクにBNBを補充すれば大丈夫です。

パソコンやスマホなどのデバイス側に不具合が起きている可能性もあります。

ページの再読み込みやデバイスの再起動をしてから、あらためてチャレンジすれば解決する場合もあります。

「スワップしたい仮想通貨が検索しても見つからない」という場合は、CoinMarketCapからコントラクトアドレスを入手しましょう。

草コインの買い方を詳しく解説している記事があるので、参考にしてください。

>>【簡単】PancakeSwap(パンケーキスワップ)での草コインの買い方を解説

PancakeSwap(パンケーキスワップ)でエラーがでた時の解決方法

PancakeSwap(パンケーキスワップ)でエラーがでた時の解決方法

「手数料分のBNBもあるし、再起動も試したけどうまくいかない」という場合、スリッページ許容度がエラーの原因となっている可能性が高いです。

その場合、スリッページ許容度の設定を変更すれば、エラーが解決します

スワップできない原因のスリッページについて

スリッページは、注文価格と実際の約定価格の差のことです。

注文を出してから実際に約定するまでにはタイムラグがあるため、価格差が生じます。

例えば、0.15BNB=11CAKEで注文したけど、取引が完了したら0.15BNB=10.5CAKEになっていた、という感じです。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)では、価格のズレが大きい時にユーザーが損をしないよう、スリッページの許容度が低めに設定されています。

そのため、急激な価格変動や流動性の不足が起きた場合に、スリッページが大きくなり許容度を超える場合があります

スリッページ許容度を変更してエラーを解決する方法

スリッページ許容度を変更したい場合は、スワップ画面にある歯車マークを選びます。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)で歯車マークを選ぶ

スリッページ許容度が真ん中あたりにあるので、ここで数値を変更できます。

スリッページ許容度の数値を上げることで、エラーが解決する場合がほとんどです。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)でスリッページ許容度を変更

スリッページ許容度を上げた場合、購入価格が割高になる可能性があります。

スリッページ許容度を上げる際は、少しずつ上げるようにしてください。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)のスワップに関するよくある質問

PancakeSwap(パンケーキスワップ)のスワップに関するよくある質問

ここでは、PancakeSwap(パンケーキスワップ)のスワップに関するよくある質問にお答えします。

①スワップ時に必要なBNBはどこで手に入りますか?

スワップ時に必要なBNB(バイナンスコイン)は海外の仮想通貨取引所で手に入ります

海外の仮想通貨取引所のおすすめは『バイナンス(Binance)』です。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)の利用に必要なBNB(バイナンスコイン)は、バイナンスで基軸通貨として使われています

またバイナンスは、世界最大の取引量を持つ人気の取引所でもあります。

>>バイナンスの口座を開設する【無料】

上のリンクから口座をつくると、手数料が永久10%オフの特典があります。

バイナンスへの入金は、国内取引所からの送金がおすすめ

バイナンスへ入金する際は、クレジットカードを使う方法もありますが、

  • 手数料が高い
  • 使えるカードが限られている

といった特徴があるので、国内取引所からの送金がおすすめです。

国内取引所の口座を持っていない方は、国内最大級の取引所『ビットフライヤー』がおすすめです。

『ビットフライヤー』をおすすめする理由は、リップル(XRP)やステラルーメン(XLM)を海外取引所へ無料で送金できるからです。

また、手数料を抑えてリップル(XRP)やステラルーメン(XLM)を購入できます

>>ビットフライヤーで口座開設する【無料】

口座開設がうまくできるか不安な方は、以下の記事をご覧ください。

>>【完全無料】bitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設する手順【初心者向け】

ビットフライヤーで仮想通貨を購入してバイナンスに送る詳しいやり方は、以下の記事で解説しています。

>>【手数料無料】ビットフライヤーからバイナンスへ送金する方法[画像つき]

②スワップ時に発生するガス代(手数料)はいくらぐらいかかりますか?

PancakeSwap(パンケーキスワップ)でスワップをクリックすると、ガス代が表示されます。

私がスワップした際のガス代は0.00088BNBでした。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)のスワップにかかるガス代

1BNB=40,000円で計算すると、約35円です。

タイミングによって変動はありますが、イーサリアムチェーンのガス代に比べると安いのが魅力的です。

ちなみに、ガス代の表示画面で「編集」を選んで、ガス代を調整することもできます。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)のスワップにかかるガス代の編集

③スワップした仮想通貨(トークン)がメタマスクにない場合は?

「スワップはできたけど、メタマスクに表示されない」という場合は、購入した仮想通貨のトークンアドレスが追加されていないのが原因です。

トークン追加はCoinMarketCapのサイトを使えば簡単です。

トークン追加が完了すると、メタマスクに買った草コインが反映されます。

仮想通貨(トークン)をメタマスクに追加する方法

CoinMarketCapで買った草コインのページを表示したら、キツネマークを選んでください。

※Titan Huntersの仮想通貨TITAを例にしています。

メタマスクにトークン追加

メタマスクが開くので、あとは画面に従ってトークン追加をしましょう。

トークンを追加できたら、スワップした仮想通貨がメタマスクに反映されるので確認してみてください。

まとめ:PancakeSwap(パンケーキスワップ)で仮想通貨をスワップしてみよう

この記事では、以下の内容をお伝えしました。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)の基本的な使い方の1つが、仮想通貨のスワップです。

NFTゲームやDeFiに挑戦する際には、取引所では入手できない仮想通貨が必要になる場合もあります。

この記事を参考に、PancakeSwap(パンケーキスワップ)で仮想通貨をスワップする方法をおさえておいてください

PancakeSwap(パンケーキスワップ)のスワップ方法を理解したら、ステーキングやファーミングを活用して、資産運用に挑戦してみるのも選択肢の1つです。

>>【簡単】PancakeSwap(パンケーキスワップ)ステーキングのやり方を解説[DeFi]

>>【簡単】PancakeSwap(パンケーキスワップ)ファーミングのやり方を解説

PancakeSwap(パンケーキスワップ)の利用に必要な仮想通貨BNBを用意する際は、バイナンス(Binance)を使うのがおすすめです。

バイナンスへの入金は、送金手数料を無料にできるビットフライヤーを使うのがおすすめです。

>>ビットフライヤーで口座開設する【無料】

PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?【特徴からリスクまで初心者向けに解説】「PancakeSwapを詳しく知りたい」という方に向け、パンケーキスワップの特徴やできることを解説します。また、魅力やリスクもお伝えするので、DEX(分散型取引所)の利用が初めての方はぜひご覧ください。...