仮想通貨

バイビット(Bybit)コピートレードはフォローコストが安くておすすめ!評判も紹介

バイビット(Bybit)コピートレードはいくらから始められるのかな……

コピートレードの評判はどうなんだろう……

バイビット(Bybit)コピートレードに興味を持ったけれど「いくらから始められるのかな?評判はどうなんだろう?」と疑問をお持ちの方もいると思います。

筆者の経験

私自身も、バイビット(Bybit)コピートレードに挑戦中です。

>>バイビット(Bybit)の仮想通貨コピートレードで稼ぐやり方を解説[簡単]

↑こちらの記事で運用実績も掲載しています。

この記事ではバイビット(Bybit)の仮想通貨コピートレードを始めるのに必要な金額やコピートレードの評判を解説していきます。

バイビット(Bybit)の仮想通貨コピートレードは、実績あるトレーダーの取引をコピーできる初心者でも仮想通貨で稼ぎやすい方法です。

フォローコストが安く、数千円という少額から試すことができるのも魅力です。

バイビット(Bybit)に入金する際は、クレジットカード入金やコインチェックからの送金ではなくビットフライヤーから送金したほうがお得です。

ビットフライヤーは、リップルやステラルーメンを手数料の安い取引所で購入でき、送金にかかる手数料は無料です。

バイビット(Bybit)コピートレードのフォローコストとは?

バイビット(Bybit)コピートレードのフォローコストを紹介

バイビット(Bybit)の仮想通貨コピートレードでは、フォローコストを設定して投資に使う金額を決めれます

フォローコストとは?

フォローコストは、コピートレードの取引で利用する金額です。

フォローしたいトレーダーを選ぶ際に設定を行います。

フォローコストは10〜1,000USDTの範囲で設定できます

バイビット(Bybit)コピートレードの設定画面
USDTとは?

価格が1ドルと連動しているステーブルコインです。

バイビット(Bybit)コピートレードを始める際には、仮想通貨USDTが必要になります。

出典:CoinMarketCap

1USDT(テザー)≒1ドルで安定しているので、

10〜1,000USDT=1,440円〜144,000円です。

※1ドル=144円で計算

バイビット(Bybit)コピートレードはいくらから始められる?

バイビット(Bybit)コピートレードはいくらから始められる?

バイビット(Bybit)コピートレードでは、フォローコストを10USDTから設定できます

しかし実際に始める際には、より多くのUSDTが必要になる場合もあります。

こうし

私の場合、23USDTでコピートレードを始めることができました

1ドル=144円とすると、3,300円ほどです。

私が挑戦した際は、10USDTで始めようとすると「入力された金額がBTCUSDTの最低注文金額を下回っています。」と表示され、コピートレードを始められませんでした。

バイビット(Bybit)コピートレードのBTCUSDTの最低注文金額を下回っている

フォローコストが最低注文金額を下回る場合の対策

フォローコストが最低注文金額を下回る場合の対策は3つあります。

これからバイビット(Bybit)コピートレードに挑戦する投資初心者の方は、①フォローコストに設定するUSDTを多くする方法がおすすめです。

②はリスクが上がる、③はコピーできる取引が少なくなるため、いきなりやってみるのはおすすめしません。

①フォローコストに設定するUSDTを多くする

フォローコストを10USDTより多くすることで、コピートレードをスタートできます。

こうし

私が挑戦した時は、10USDTから15USDT、20USDTと増やしていき、23USDTで無事に始められました。

コピートレードに挑戦する際のBTCの相場によっては、23USDTで始められない可能性もあるので注意してください。

30USDTほど用意しておけばコピートレードを高い確率で開始できと思います。

②レバレッジを上げる

バイビット(Bybit)コピートレードのレバレッジを上げる

フォローコストはそのままでレバレッジを上げる方法もあります。

レバレッジを2倍や3倍にすれば、10USDTのフォローコストでより多くのお金を動かすことが可能です。

コピートレードアカウントに保有している資金(USDT)より多くの金額を扱うことになるため、初心者はレバレッジ1倍から始めるのが無難です。

>>バイビット(Bybit)コピートレードのレバレッジについて解説【1倍から始めよう】

実際に始めてから様子を見つつ、1.5倍や2倍など少しずつ調整しましょう。

③最低注文金額が下回っている通貨のフォロー契約を外す

最低注文金額が下回っている通貨のフォロー契約を外すを外すのも選択肢の1つです。

トレーダーをフォローする際には、どの通貨の取引をフォローするかも選べます

※フォロー契約から設定可能です。

バイビット(Bybit)コピートレードのフォロー契約を設定

「入力された金額がBTCUSDTの最低注文金額を下回っています。」と表示される場合、BTCUSDTのフォロー契約を外すことで、問題が解決します。

BTCUSDTのフォロー契約を外すと、フォローしたトレーダーのBTCUSDTの取引はコピーしなくなります

BTCUSDTの取引割合が高いトレーダーの場合、得られる利益が減るので要注意です。

私がフォローしているマスタートレーダーの場合、BTCUSDTの取引割合が約75%でした。

マスタートレーダーの通貨毎の取引割合
こうし

私がフォローしているマスタートレーダーさんの場合、BTCUSDTのフォロー契約を外してしまうと利益がかなり減ってしまいます……

コピートレードを始めた後の注意点

USDTの量を調整するなどして、バイビット(Bybit)コピートレードを始めた後も注意が必要です。

なぜなら、最低注文価額を満たせない場合は取引が失敗するからです。

取引に失敗すると、下の画像のようなメールが届きます。

バイビット(Bybit)の仮想通貨コピートレードが失敗するとメールが届く

マスタートレーダーの注文内容によっては、現在のフォローコストやレバレッジでは最低注文価額を満たせません。

複数の注文を連続で出した場合は、1つ目はコピーできても、2つ目は資金が足りずコピー失敗ということもあります。

コピートレードに20回以上失敗した場合には、マスタートレーダーのフォローが自動解除されるので注意が必要です。

こうし

私も23USDTで始めたもののコピーに失敗したので、その後4USDTほど追加したら最初のコピー取引が成功しました。

バイビット(Bybit)コピートレードの評判・口コミ

バイビット(Bybit)コピートレードの評判・口コミ

バイビット(Bybit)の仮想通貨コピートレードの評判・口コミもいくつか紹介します。

良い評判・口コミ

まずは、良い評判・口コミから見てみましょう。

↑こちらの方はコピートレード15週目で、50万円以上の利益が出ているようです。

フォローコストをいくらにしているのかは分かりませんが、1ヶ月で10万円以上増えている計算です。

↑こちらの方も利益が出ているようです。

保有資産と純収益を見ると、3週間で1.5倍くらいになってますね。

悪い評判・口コミ

悪い評判・口コミもあります。

↑こちらの方は、十万円以上の損切りが発生したようです。

フォローしたトレーダーの取引結果や損切り率の設定によっては、資金が減ってしまう可能性もあります。

↑こちらの方は2ヶ月挑戦した結果、収益化ができなかったようです。

マスタートレーダーよりも上手にトレードする自信がある方は、自分で挑戦した方がいいですね。

バイビット(Bybit)の仮想通貨コピートレードの始め方

バイビット(Bybit)の仮想通貨コピートレードの始め方

バイビット(Bybit)の仮想通貨コピートレードは次の手順で始められます。

  1. ビットフライヤーとバイビットの口座をつくる
  2. ビットフライヤーからバイビットに仮想通貨を送りUSDTを準備
  3. トレーダーを選んでコピートレードを始める

バイビット(Bybit)の仮想通貨コピートレードの始め方は、以下の記事で詳しく解説しています。

>>バイビット(Bybit)の仮想通貨コピートレードで稼ぐやり方を解説[簡単]

どちらも無料で簡単に口座開設できるので、まずは口座を作っておきましょう。

↓ビットフライヤーの口座開設はこちら

>>ビットフライヤーで口座開設する(無料)

↓バイビットの口座開設はこちら

>>バイビット(Bybit)で口座開設する(無料)

上のリンクを利用すると、バイビット(Bybit)の紹介コードが自動で入力されます

>>【お得】バイビット(Bybit)の紹介・招待コードはどこ?特典やメリット・デメリットを解説

まとめ:バイビット(Bybit)コピートレードはフォローコストが安くておすすめ

この記事では、以下の内容をお伝えしました。

バイビット(Bybit)コピートレードは、数千円から始めることができます。

実績あるトレーダーの取引を自動で真似してくれるコピートレードは、投資初心者でも稼ぎやすい方法です。

こうし

私も1週間と経たずに9%近く増えています。

バイビット(Bybit)コピートレードに興味がある方は、まずは口座を作りましょう。

>>バイビット(Bybit)で口座開設する(無料)

バイビット(Bybit)に入金する際は、ビットフライヤーから送金する方法が、手数料を抑えられるのでおすすめです。

ビットフライヤーは、リップルやステラルーメンを手数料の安い取引所で購入でき、送金にかかる手数料は無料です。

コピートレードよりリスクを抑えて仮想通貨を運用したいという方は、バイビット(Bybit)の積立ステーキングがおすすめです。

利回りは下がりますが、仮想通貨を預けて増やすことができるので低リスクです。

>>【不労所得】バイビット(Bybit)の積立ステーキングのやり方やメリット・デメリットを解説