仮想通貨

パレットトークンのステーキングをやるべきでない人の特徴[手数料に注意]

パレットトークン(PLT)のステーキングをやったほうがいいのかな……

今回は、こんなお悩みに答えていきます。

この記事では、パレットトークンのステーキングをやろうか悩んでいる方に向けて、ステーキングをやるべきでない人の特徴などをお伝えします。

パレットトークンの特徴は次のとおりです。

パレットトークンの特徴
  • 日本の株式会社Hashpalette(ハッシュパレット)が開発・運用
  • イーサリアムをはじめ複数のブロックチェーンと相互運用が可能
  • NFTマーケットプレイス『PLT Place』で利用できる
  • 国内取引所『コインチェック』で購入できる

パレットトークン(PLT)を購入したい方は、国内取引所『コインチェック』で購入できます。

>>【公式】コインチェックの口座を開設する

『コインチェック』の口座開設がうまくできるか不安な方は、下記の記事で解説しているので参考にしてください。

>>【簡単!】コインチェックで口座開設する3つの手順【初心者向け】

また、パレットトークン(PLT)購入の際は、「販売所」ではなく「取引所」を利用しましょう。

下記の記事で、「取引所」で買う方法を解説しています。『コインチェック』を初めて利用される方は参考にしていください。

>>コインチェックのアプリに取引所はない?取引所での買い方を解説

「販売所」と「取引所」の違いについては、以下の記事で解説しています。

>>「販売所」と「取引所」の違い【暗号資産(仮想通貨)を買う前に知っておくべき】

それでは、パレットトークン(PLT)のステーキングについて順番に解説していきます。

パレットトークンのステーキングをやるべきでない人の特徴

ステーキングをやるべきでない人の特徴は次のとおりです。

  • ステーキングしたいパレットトークンの数量が少ない人

シンプルにこれだけです。

なぜなら、数量が少ないとステーキングで得られる報酬が手数料に負けてしまうからです。

どれぐらいだと少ないのかな……

上記のような疑問があると思うので、もう少し詳しく見ていきましょう。

パレットトークンステーキングの年間のリワード率はどれくらい?

パレットトークン(PLT)のステーキングで得られる報酬は、2022年5月下旬で年利15%ほどのようです。

上のように、ステーキング報酬の年利はパレットトークン(PLT)の魅力の1つと言われています。

ただし、ステーキング参加者が今後増えることによって、さらに下がる可能性があります。

銀行の年利よりはるかに高いね!

パレットトークンをステーキングするための手数料はどれくらい?

ステーキングに興味をお持ちの方に注意してほしいのが、ステーキングするまでにかかる手数料です。

ステーキングをするためには、次のような手数料が発生します。

  • 『コインチェック』からパレットトークンを送金する手数料:139.0 PLT
  • 『コインチェック』からイーサリアムを送金する手数料:0.005 ETH
  • PLTウォレットでブリッジするための手数料:0.02 ETHほど

1ETH(イーサリアム)=25万円の場合、イーサリアム分の手数料で6,000円以上かかる計算になります。

また、ステーキングを解除してから日本円にする際にも、100~1,100PLTほどの手数料が発生するようなので注意が必要です。

ステーキング報酬が手数料負けしてしまう場合

それでは、パレットトークン(PLT)の年利と手数料を見ながら、手数料負けしてしまう場合を考えてみましょう。

※出金時の手数料は、1,100PLTで見積もっています。

手数料の合計

1,239PLT(送金時&出金時)+0.025ETH(送金時)

1ETH(イーサリアム)=25万円で計算すると、1,239PLT+6,250円です。

1PLT=22円の場合、33,500円ほど(1,500PLT分ほど)手数料かかる計算になります。

仮に1年間ステーキングした場合、年利が15%なので、10,000PLTをステーキングしてようやくステーキング報酬と手数料が同程度になります。

1PLT=22円だと、220,000円分を1年間ステーキングする必要がありますね……

また、3ヶ月や半年など、より短期で回収したい場合は、さらに多くのPLTをステーキングする必要があります。

もちろん、ステーキング報酬の変動やパレットトークン(PLT)の価格変動があるので、一概には言えませんが、ステーキングを検討している方の参考になれば幸いです。

パレットトークンをステーキングする方法

参考までに、パレットトークン(PLT)をステーキングする流れを簡単に紹介しておきます。

ステーキングの流れ
  1. PLTウォレットを作成
  2. コインチェックからPLTウォレットにPLTとETHを送金
  3. イーサリアムチェーンからパレットチェーンへ通貨を移動させるためのアドレスを作成
  4. イーサリアムチェーンからパレットチェーンへブリッジ
  5. パレットチェーン上でステーキングを行う

上記の流れで行えます。

ステーキングを行うには「PLTウォレット」アプリが必要です。

※無料でダウンロード・インストールできます。

パレットトークンをステーキングする際に手数料を抑える方法

手数料を抑える方法はないのかな……

上記のような疑問をお持ちの方もいると思います。

結論としては、以下の手数料はいくらか抑えることができます。

  • 『コインチェック』からパレットトークンを送金する手数料:139.0 PLT
  • 『コインチェック』からイーサリアムを送金する手数料:0.005 ETH

具体的にどのような方法でどのくらい抑えられるかを順番に解説します。

パレットトークンの送金手数料を抑える方法

『コインチェック』よりもパレットトークンの送金手数料が安い取引所を使うことで、送金手数料を抑えられます。

海外取引所『バイビット』は、『コインチェック』より送金手数料が少し安くなっています。

  • 『コインチェック』の送金手数料:139.0 PLT
  • 『バイビット』の送金手数料:109.0 PLT

『バイビット』からの送金手数料は、30PLT安いので、1PLT=22円とすると、660円ほど手数料を抑えることができます。

ただし、パレットトークンの送金手数料は抑えられますが、『バイビット』で取引する際の手数料なども考慮が必要なので、ご注意ください。

>>【簡単3ステップ】海外取引所Bybit(バイビット)の口座開設手順を解説

イーサリアムの送金手数料を抑える方法

『コインチェック』よりもイーサリアムの送金手数料が安い取引所を使うことで、送金手数料を抑えられます。

どこの取引所がオススメかというと、国内取引所の『GMOコイン』です。

なんと、『GMOコイン』では、イーサリアムの送金手数料が無料となっています。

GMOコインの特徴
  • 最短10分で口座開設完了!
  • 仮想通貨の送金手数料が無料!
  • 入金手数料や出金手数料も無料!

1ETH(イーサリアム)=25万円で計算すると、0.005 ETH=1,250円です。

『GMOコイン』を使用するだけで1,000円以上手数料を抑えられるのは大きいですね。

口座開設は無料で簡単にできます。

口座開設がうまくできるか不安な方に向けて、下記の記事で詳しい手順を解説しています。

>>【初心者向け】GMOコインで口座開設する方法を解説[最短10分で簡単]

また、『GMOコイン』で仮想通貨を購入する方法を解説した記事もあるので、参考にしてください。

>>【初心者向け】GMOコインの入金から仮想通貨の購入までのやり方を解説【簡単】

ステーキング以外でパレットトークンを増やす方法

私の場合、ステーキングしないほうがよさそう……

他にパレットトークンを増やす方法はないのかな……

こんなお悩みをお持ちの方もいると思います。

そこで、パレットトークンを増やすもう1つの方法を紹介しておきます。

それが、『コインチェック』のレンディング(貸仮想通貨)サービスを利用することです。

レンディングサービスの特徴は次のとおりです。

最低貸出金額1万円相当額〜
年率1%〜5%
貸し出し期間14日・30日・90日・180日間・365日
手数料無料
途中解約不可
注意点・暗号資産ごとにコインチェックの借入総額に上限あり。
・借入上限に達している場合、承認まで時間がかかる場合あり。
・借入可能枠ができ次第、申請順に承認。

保有している暗号資産を貸し出して、利子を受け取ることができます。

持っているパレットトークンをすぐに売るつもりがない方は、検討してみてください。

また、パレットトークンをステーキングすると損してしまう方にとっては、無料でパレットトークンを増やすことができるのは魅力的です。

レンディングサービスのやり方は、以下の記事で紹介しているので、参考にしてください。

>>【簡単】コインチェックでビットコインを貸し出す方法【仮想通貨レンディング】

まとめ:パレットトークンの少額投資家はステーキングではなくレンディングがおすすめ

この記事では、以下の内容をお伝えしました。

ステーキングの手数料を考えると、1年間ステーキングした場合でも、手数料より多くの報酬を受け取るには、数十万円分のパレットトークンを買う必要があります。

パレットトークンの将来性に期待して、数十万円分を買う方もいると思います。

そういう方は、ステーキングをする際に、下記のことを頭に入れておいてください。

  • イーサリアムをPLTウォレットに送金する際には、『コインチェック』ではなく、送金手数料無料の『GMOコイン』を利用
  • 1ETH(イーサリアム)=25万円で計算すると、0.005 ETH=1,250円分の手数料を抑えることが可能

GMOコイン』の口座をお持ちでない方も、10分で口座開設できます。

>>【公式】GMOコインのホームページへ移動する

仮想通貨投資初心者の多くが、手数料を考えると、パレットトークンをステーキングするべきでない人に当てはまると思います。

その場合にオススメなのが、『コインチェック』のレンディング(貸仮想通貨)サービスです。

レンディングサービスを活用することで、手数料を取られることなく、期間に応じた利息を受け取り、パレットトークンを増やすことができます。

>>【公式】コインチェックの口座を開設する